2019年11月03日

【「令和元年度・第44回渦の音クラブの集い」は盛会でした!】

 今日は、ホテルニューオータニのレストラン「ガンシップ」で「令和元年度・第44回渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会」が開催されました。73人の城南高校の卒業生が集まり、交流を深めました。

 総会では、澤田会長(昭和49年卒)の開会挨拶、櫻井事務局長(昭和57年卒)による決算、事業計画、予算に関する事務局提案があり、原案通り承認されました。徳島からは、永松宣洋校長先生、粟飯原治仁同窓会会長(昭和51年卒)にご出席頂きました。松山校長先生からは、文武両道で活躍する現役学生の様子、特に部活動の報告や、進学成績などが報告されました。

(永松宣洋校長先生のご挨拶)

20191102_120512270.jpg

(粟飯原治仁同窓会会長(昭和51年卒)

20191102_121500086.jpg

(高木純一郎同窓会事務局長(昭和36年卒)のご挨拶)

20191102_121641512.jpg

(徳島県東京本部情報発信幹の利穂拓也さん(昭和62年卒)により徳島の状況報告)

20191102_122536823.jpg


 講演会はフォトグラファーの 中田浩資氏(城南高 平成4年卒)による『玄奘三蔵が歩いたルートをたどる撮影紀行-ディープな世界を旅して-』をテーマにしたフォトトークでした。多数の美しい写真に加えて、ウイグル自治区の知られざる姿など、実際に世界を旅する中で得られた世界の姿を分かり易い語り口でお話し頂きました。

20191102_123953725.jpg

20191102_133126647.jpg

20191102_133108316.jpg

 懇親会は幹事学年の平成元年卒業生の皆さんが団結して、素晴らしい企画を展開頂きました。「中学校対抗:城南愛クイズ」は、出身中学ごとに学年を越えてグループを結成し、城南高校に関する歴史をクイズで楽しみましいた。金長まんじゅうや金ちゃんラーメンなどの徳島の物産の景品をかけて、早押しクイズのスマホアプリを活用し、大いに盛り上がりました。

(乾杯のご発声は最年長の日下明男さん(昭和32年卒))
20191102_134728318.jpg 

(元・衆議院議員の赤枝恒雄さん(昭和37年卒)によるスピーチ)

20191102_140754971.jpg

(中学校対抗の「城南愛クイズ大会)

20191102_144258518.jpg

20191102_144410794.jpg


途中、全体写真を撮影し、会場一体となって阿波踊りを踊りました。今年は、幹事学年の手配で、本日特別製のうちわが配布され、同じうちわをもって阿波踊りを踊りました。

(全体写真は後ろは見えないほどの参加者数でした)

IMG_20191102_151027.jpg

(会場一体となった阿波踊り)

20191102_151914584.jpg

(本日特別制作の「渦の音クラブうちわ」)

20191102_222759534.jpg

最後は、もちろん旧制徳島中学校の「阿州の英才」の校歌と、城南高等学校の校歌をみんなで斉唱して、来年も集まることを誓い合ってお開きとなりました。

(校歌斉唱)

20191102_152133849.jpg

(幹事学年の皆さんのご挨拶)

20191102_152620038.jpg

【関連する記事】
posted by 渦の音 at 01:07| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

【「令和元年度・第44回渦の音クラブのつどい」は11月2日(土)開催】

 本年度の「令和元年度・第44回渦の音クラブのつどい(総会・講演会・懇親会)」は、明日、11月2日(土)の12時から、下記のとおり開催です。すでに事前振込は締め切っていますが、当日の参加も歓迎ですので、よろしくお願いします。現段階で約70名の方が参加申し込みをしています。

(日時):令和元年11月2日 (土)【土曜日開催です】
 受付 11:30~12:00
 総会 12:00~12:20
 講演 12:20~13:20
   演題:『玄奘三蔵が歩いたルートをたどる撮影紀行-ディープな世界を旅して-(仮題)』
  講師: 中田浩資氏(フォトグラファー、城南高 平成6年卒)
1975年生。大学休学中の97年に渡中。99年までの北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員を経て2004年よりフリー。旅行写真を中心に雑誌、書籍等で活動中。主な著書に『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』、『ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅-玄奘三蔵の旅程をなぞってみた-』『LADAKH LADAKH』など。
 懇親会 13:30~15:30

(会場):ホテル・ニューオータニ インターナショナルレストラン「ガンシップ」
(ガーデンコート 4階)
(会費): 
  参加費 ・・8,000円
  年会費 ・・1口1,000円より~
   ※平成年度卒業生の参加費・・4,000円
   ※平成年度卒業生の紹介者・4,000円
(当番学年):平成元年卒
posted by 渦の音 at 11:31| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

【令和元年度「第2回渦の音クラブ理事会」が開催】

  今日は、三田で令和元年度「第二回渦の音クラブ理事会」が開催されました。11月2日(土)開催の「令和元年度・第44回渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)」に向けて、22人の理事メンバーや幹事学年の皆さん、さらには講師として講演いただくフォトグラファーの中田浩資さん(平成6年卒)にも参加いただき、活発な議論が展開されました。
 理事会終了後は、有志の皆さん19人で、三田の「街中華」の名店「中華・大連」で餃子などを囲みながら、城南高校のキズナを深めました。そして、11月2日の「第44回渦の音クラブの集い」の盛会を確認しました。

(理事会資料)

(街中華の名店「中華・大連」での理事会終了後の懇親会)



posted by 渦の音 at 23:39| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

【令和元年度 渦の音クラブ第2回(総会前)理事会】

渦の音クラブの総会議案を審議する理事会を下記のとおり開催します。なお、理事や幹事学年に限定せず、城南高校の関東在住卒業生にも

自由にご参加頂き、城南高校の同窓会についてご意見をお寄せ頂ければと存じます。城南高校卒業生でお知り合いの方もお誘い合わせ

のうえ、ご参加頂ければ幸です。今回は、講師の中田浩資さん(平成6年卒)も可能であれば参加頂けるとのことです。

また、理事会終了後は、餃子で有名な「中華・大連」で懇親会を開催します(20名で予約済み)。お時間のある方は、参加よろしく

お願いします。

日時: 令和元年 1017() 19:0020:30

場所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館 会議室3(地下1階です)

議題:

 ・2019年「渦の音クラブの集い」(112日(土))について

  ※講演会講師は平成6年城南高校卒業の中田浩資さん。

  (中田さんのHP) https://www.nakata-photo.jp/

 ・渦の音クラブ総会提出資料(2018年報告、2019年計画)

 ・渦の音クラブの運営などについて

理事会終了後、「中華・大連」で懇親会を開催しいます。お時間のある方は懇親会にも参加よろしくお願いします。

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13004557/


posted by 渦の音 at 18:09| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【令和元年度「東京徳島県人会:県人の集い」に参加】

 城南高校同窓会関東支部(渦の音クラブ)と東京徳島県人会の連携強化のため、事務局は東京徳島県人会の常任理事をお手伝いしています。その関係で、今日は「令和元年度東京徳島県人会:県人の集い」に参加し、城南高校の諸先輩達にご指導頂きつつ、城南高校のキズナを再確認してきました。

(会長の橋本圭一郎先輩(昭和45年卒)の開会挨拶。今年は、学士会館に150人の徳島県人が集まりました)

72296705_2309768945816857_5185133559114891264_n.jpg


(東京徳島県人会の感謝状を贈られた犬伏泰夫先輩(城南高校・昭和37年卒))

72638178_2309769082483510_63487802842546176_n.jpg

(乾杯のご発声は、金山良治先輩(旧制徳島中学・昭和24年卒)です!!
71940186_2309769169150168_4576581670169214976_n.jpg

(飯泉知事も参加して、クライマックスは深川木場の天恵連さんによる阿波踊りを会場一体で踊ります!!)
72195080_2309769229150162_8025183479618600960_n.jpg

 今度は、来月11月2日(土)の「第44回渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)」です。城南高校の皆さん、気軽にホテルニューオータニのガンシップにお集まりください!!
posted by 渦の音 at 18:02| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

【話題の「神山まるごと高専」発起人に建築家で城南高校昭和62年卒業生の吉田周一郎さん】

 今話題の民間企業が神山町に設立する「神山まるごと高専」。学校長を年収2500万円を上限に公募中です。その設立発起人に、建築家で城南高校昭和62年卒業生の吉田周一郎さんが活躍しています。
 ちなみに、吉田周一郎さんは、昭和51年から平成4年まで16年にわたり城南高校で英語の先生だった吉田道代先生のご子息です。


posted by 渦の音 at 17:57| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【そごう徳島店がついに2020年8月で閉店(涙)】

 ついに、徳島県から百貨店が消えてしまいます。つぼ美屋、丸新という地元百貨店と、徳島駅前のそごう徳島店が切磋琢磨していた1980年代。その後、つぼ美屋が閉店し、丸新も1995年に閉店してからは、県内の百貨店がそごうだけになっていました。一方でそごうが経営破たんして西武セゾングループに、さらにはセブン&アイグループに変化する中で、全国各地のそごうが閉店するなかで、徳島店は頑張っていたのですが、ついに徳島店も閉店のニュースです。東京オリンピック・パラリンピックが終わる2020年8月に閉店し、来年8月以降は徳島県から百貨店が消えてしまいます…。百貨店が1店舗もない全国唯一の都道府県になってしまいます・・・。
 おそらく、徳島県民は、百貨店が徳島県内からなくなっても、ゆめタウン徳島、フジグラン徳島、イオンモール徳島にあるお店で買い物できるため、買い物にはあまり不自由はしないと思います。また、百貨店の独壇場だったお中元やお歳暮も市場規模が大幅に縮小しており、さらに贈答品はネット注文が中心になるなかで、地方都市の駅前に大規模百貨店が立地する必然性が低下しています。徳島県唯一の百貨店「そごう徳島店」が閉店し、唯一の「百貨店ゼロ都道府県」になってしまう…。
 郷土徳島県から百貨店がなくなること、時代の変化を感じるニュースです。

posted by 渦の音 at 17:55| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

【「第8回若手会員交流会」は盛会でした】

 今日は、新宿のライオン会館で、関東在住の50歳以下(昭和63年卒以降)の城南高校卒業生による「第8回若手会員交流会」を開催しました。24人が集まり、城南高校のキズナを深めました。
ちょうど会の終盤は、ラグビー日本代表とアイルランド戦が佳境となりました。男子の体育の授業はラグビーが必修だった城南高校、大いに盛り上がりました。集合写真はラグビーワールドカップのゴールドスポンサーの卒業生による「ファイト一発」の掛け声でした。この盛り上がりを11月2日の「第44回渦の音クラブの集い」につなげることを確認しました。
IMG_20190928_180804.jpg

posted by 渦の音 at 21:13| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

【「第8回 渦の音クラブ若手会員交流会」は9月28日(土)16時から】

昨年の幹事学年(昭和63年卒業)以降の若手会員(50歳以下)に限定した城南高等学校卒業生の交流会を今年も開催します。
今年は、下記のとおりです。
対象の城南高校卒業生は、事務局までご連絡よろしくお願いします。
また、お知り合いの対象者に、転送などもよろしくお願いします。

日時:2019年9月28日土曜日 16:00〜18:00
場所:新宿ライオン会館(東京都 新宿区新宿3丁目28-9)
対象者:昨年の幹事学年(昭和63年卒業)以降の会員(50歳以下)
会費:無料
posted by 渦の音 at 22:07| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

【徳島の地形図を活用した「地図扇子」が発売されます!】

 毎回大人気商品の「地図扇子」。国土地理院の地形図は、新しい地形図が発売されると、古い地形図は廃棄されます。その廃棄地形図を活用した「地図扇子」は、毎回、発売から数日で売り切れる大人気商品です。先日の「ブラタモリ」で徳島の「ひょうたん島」が取り上げられましたが、徳島の市街地を切り取った地形図の扇子が来週、6月24日から発売されます。
 さらに、城南卒業生には馴染み深い、方上町にある「弁天山」を切り取った地図扇子も発売されます。「国土地理院が認めた日本一低い自然の山」の弁天山の扇子で、「日本一」の風を吹かせて、夏を乗り切りましょう\(^o^)/

posted by 渦の音 at 17:28| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【渦の音クラブ(城南高等学校関東地区同窓会)の令和元年度第一回理事会が開催】

 6月11日(火)は、慶應義塾大学三田キャンパスで、渦の音クラブ(城南高等学校関東地区同窓会)の令和元年度の第一回理事会が開催されました。理事の皆さんをはじめ、城南高等学校の卒業生で関東在住の20人が集まり、関東における「城南高等学校のキズナを如何に深めるか!」について、意見交換しました。

(理事会資料)


 もちろん、21時以降は、田町の餃子の名店「中華・大連」に14人の城南高等学校卒業生の皆さんが集まり、城南高等学校同窓会の活性化について、アルコール燃料を投入して、熱く熱く語り合っています\(^o^)/

(交流会後の集合写真)

posted by 渦の音 at 17:14| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

【令和元年度の「渦の音クラブの集い(総会、講演会、懇親会)は11月2日(土)12時からホテルニューオータニのガンシップで開催】

 令和元年度・第44回「渦の音クラブの集い(総会、講演会、懇親会)は、11月2日(土)の12時から、ホテルニューオータニのレストラン・ガンシップで開催予定です。
 今年の講演会講師は、城南高校の平成4年卒業生のフォトグラファーの中田浩資さんです。中田さんの近著『玄奘三蔵が歩いたルートをたどる旅』の貴重な写真によるフォト・トークイベントをお願いしています。
 新疆ウイグル自治区の知られざる貴重な写真など、シルクロード、玄奘三蔵の足跡をたどるフォト・トークイベントに、是非参加をお願いします。そして、城南高校のキズナを深める楽しい会に、ご参加をよろしくお願いします。
 7月末に本部同窓会の案内状に同封して、案内を送付しますので、よろしくお願いします。

(朝日新聞の「玄奘三蔵が歩いたシルクロードの旅」連載記事)
https://www.asahi.com/and_travel/20180329/45370/

posted by 渦の音 at 17:07| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【写真家の宮武健仁さん(城南高 昭和60年卒)の個展「光る植物、光る生き物が魅せる神秘の世界:輝く光景」が6月14日(金)から六本木ミッドタウンで開催】

 ナショナル・ジオグラフィック2013年大賞を受賞し、ニューヨークの個展も成功させている徳島在住のプロ写真家、宮武健仁さん(城南高校 昭和60年卒)が、6月14日(金)から20日(木)まで、六本木ミッドタウンの「富士フイルムフォトサロン 東京」で久しぶりの東京での個展を開催します。今年の個展は『宮武健仁写真展「輝く光景」-光る植物、光る生き物が魅せる神秘の世界』をテーマに、光る生き物を切り取った作品が展示されるようです。毎日14時には、宮武さんのトークショーが開催されるようです。
 今回は会期途中に土曜日、日曜日もありますので、城南高校卒業生で関東在住の皆様、六本木ミッドタウンで宮武さんの素晴らしい作品にふれてはいかがでしょうか。

posted by 渦の音 at 17:06| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【水墨画家の小野木裕子さん(城南高 昭和54年卒)の個展が7月11日から表参道の「ギャラリーコンセプト21」で開催】

 水墨画家でありながら、多彩な色遣いに特徴がある城南高校昭和54年卒業の小野木裕子さんの個展が、7月11日(木)から17日(水)まで、表参道の「ギャラリーコンセプト21」で開催されます。
 「水墨画」といえば「墨絵」のことだと思われる方も少なくないなか、今回の個展では多彩な「色を使った水墨画」も展示されるとのことです。さらに、古典的なものから現代的で抽象的なもの、さらに「一筆描き」など、多彩な作品を発表する「水墨渾然」とのことです。城南高等学校卒業生の皆さん、小野木さんの素晴らしい水墨画の世界を是非、ご鑑賞ください!!

posted by 渦の音 at 17:05| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【立正大学心理学部の西田公昭教授(城南高 昭和54年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 カルト洗脳や、消費者詐欺被害に合う心理状況などの研究で第一人者の、立正大学心理学部教授の西田公昭さん(城南高校 昭和54年卒)が、徳島新聞の「遠くでトーク」に紹介されています。
 徳島への消費者庁移転プロジェクトなどにも有識者として関与するなど、心理学を臨床と理論を結びつける西田先輩の益々のご活躍を期待しています。


posted by 渦の音 at 17:05| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【徳島赤十字病院の院長に就任した後藤哲也さん(城南高 昭和49年)が徳島新聞「人」で紹介】

 小松島の徳島赤十字病院は、全国でも有数の赤十字病院です。その院長先生に、城南高校を昭和49年卒の後藤哲也先生が就任したことが、徳島新聞の「人」で紹介されています。
 城南高校卒業生の後藤院長先生のもとで、日赤病院での医療の充実を期待しています。

posted by 渦の音 at 17:04| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【産総研(産業技術総合研究所)副理事長の三木幸信さん(城南高 昭和47年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 日本で最大級の常勤研究員を有する国立研究法人の産総研(産業技術総合研究所)のナンバー2として世界的な研究者を束ねる三木幸信さん(城南高 昭和47年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されました。
 産総研は、通商産業省工業技術院に15の国立研究所が組織されていましたが、今は国立研究開発法人として、世界的な研究開発拠点として活動しています。三木さんは、計量研究所で超電導などを研究していた研究者ですが、マネジメント面でも活躍しています。産総研という世界的な研究所を三木さんのリーダーシップをもって発展させ、日本の科学技術イノベーションの進展に期待しています。

posted by 渦の音 at 17:03| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【城南高校を平成17年に卒業した「中山女子短期大学さん(本名:中山裕介さん)」が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】


 城南高校を平成17年に卒業した中山裕介さんは、よしもと所属の芸人さん「中山女子短期大学」として活躍しています。R-1ぐらんぷりでは、2014年は決勝、2016年は準決勝に進出しています。芸歴はすでに13年になり、地元徳島でも単独ライブをしたり、「徳島県住みます芸人」に就任したり、徳島インディゴソックスの応援選手兼スタジアムDJも担当するなど、活躍しています。
 その中山女子短期大学さん、徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されています。「よしもと漫才劇場」での活躍の様子などを紹介しています。
 ちなみに、中山女子短期大学さん、城南高校時代は野球部で活躍していたとのことです。城南高校が甲子園に出場したら、きっと盛り上げてくれると思います。中山女子短期大学さんの益々の活躍を期待しています。

https://www.topics.or.jp/articles/-/158532

posted by 渦の音 at 17:03| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【城南高校で国語の先生だった小川浩先生(昭和61年度~平成4年度)が監督の富岡西高校硬式野球部を甲子園に】

 昭和61年度から平成4年度までの7年間、城南高校で国語の先生として教壇に立っていた小川浩先生は、城南高校でも野球部監督として指導していました。その小川先生が監督の富岡西高校は、秋の大会での徳島県3位、四国大会ベスト4の実績が評価され、文武両道、創立120年の伝統校ということなども加味され、「21世紀枠」として春の選抜甲子園大会に出場します。城南高校は甲子園は残念ながら出場できませんでしたが、7年間も城南高校でお世話になった小川先生が率いる富岡西高等学校の健闘を祈念しています。

https://www.topics.or.jp/articles/-/154387

posted by 渦の音 at 17:02| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【城南高校2年生の桐本さくらさんが「第16回とくしま文学賞(児童文学部門)」で最優秀賞】

 徳島県、徳島県立文学書道館主催の「第16回とくしま文学賞」の児童文学部門で、城南高等学校の2年生の桐本さくらさんが、見事に最優秀賞に選ばれました。ペンクラブ会員なども応募する文学賞で、母校、城南高等学校の現役高校生が、見事に最優秀賞です。
 今年のお正月は、「春高バレー」は残念ながら県予選で準優勝のため東京体育館での応援は適いませんでした。しかし、城南高校は「文武両道」を運動部、文化部両面で活躍しています。桐本さんの最優秀賞、本当におめでとうございます。
 母校、城南高校の益々の活躍を期待しています。

posted by 渦の音 at 17:01| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする