2022年07月20日

【野球伝来150周年記念「聖地・名所150選」に城南高校の「徳島野球発祥の地」記念碑が選定】

 2022年は、日本に野球が伝来して150年の記念すべき年です。野球関係者が日本国内の「野球の聖地・名所150選」を選定しましたが、その一つが城南高校の「徳島野球発祥の地」記念碑です。徳島県で野球がスタートしたのは、旧制徳島中学校です。この石碑、当時の野球部の歌なども記載されており、旧制徳島中学校と野球の関係が今に伝わります。
 ちなみに、「ベースボール」を「野球」と翻訳したのが正岡子規との通説がありますが、正しくは旧制・脇町中学校長の中馬庚先生で、旧制・脇町中学と旧制・徳島中学が日本最初の「野球」の試合であることも記載して欲しかったです。
 今年の夏の甲子園大会予選は硬式野球部は残念ながら敗退しましたが、「野球の聖地・名所150選」のひとつ「徳島野球発祥の地」の石碑のもと、城南高校硬式野球部の活躍を期待しています。

(野球「聖地・名所150選」に選ばれた「徳島城南高校「徳島野球発祥の地」石碑」の記事)
【関連する記事】
posted by 渦の音 at 22:47| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2022年07月04日

【「奥渋谷・神泉」の徳島県のアンテナショップ「ターンテーブル」でテラスバーベキューがスタート】

 「奥渋谷」としてクリエーターなどが集う人気の街の神泉に、徳島県のアンテナショップ「ターンテーブル」があります。一般的なアンテナショップに加えて、ホテル、レストランが併設された施設です。特にホテルは海外からの観光客に人気で(徳島からの出張者はターゲットにしていなかった)、新型コロナ禍の前は予約でほぼ満席でした。新型コロナ禍でホテルもレストランも休業や自粛が続いていましたが、今般、レストランで「徳島の新鮮食材を使ったテラスバーベキュー」がスタートしたことが、プレスリリースされています。
 感染リスクが少しでも低い屋外でのテラスバーベキューで、徳島の海老、鳴門タコ、阿波牛、阿波尾鶏、阿波美豚などの新鮮食材のバーベキューに、期待したいです。

posted by 渦の音 at 10:25| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【「2022年度第1回渦の音クラブ理事会」は6月21日(火)に田町とZoomのハイブリッド開催】

 2022年度の第1回渦の音クラブ理事会は、田町の貸会議室を会場に、Zoomのオンラインとのハイブリッドで開催しました。対面参加が6名、オンライン参加が5名の11名の理事会でした。他に、オンラインの良さを活かして、オブザーバーで近畿支部からもご参加いただきました。
 主要議題は、「令和4年度・第47回渦の音クラブのつどい」の開催についてでした。様々な意見がありましたが、理事会としては、2年連続、オンライン開催が続いたが、今年度は対面でのリアル開催を実現するように、準備を進めることになりました。日程も候補日が決まり、講演会の講師もリスト化ができました。
 8月の徳島での同窓会本部の総会・懇親会は3年連続で中止になりましたが、関東支部としては2年間のオンライン開催を経て、今年度からは感染対策などにも配慮しながらの開催に向けて、準備を進めます。城南高校卒業生で、関東在住の方、あるいは関東以外の方も含めて、日程などがきまりましたら告知しますので、秋には、感染対策などのノウハウを有したホテルニューオータニで、「えっとぶりやなー」とお集まりください。そして、交流会の最後には、「眉山の若葉~」を斉唱しましょう。
2022-1理事会.jpg2022-1理事会2.jpg
posted by 渦の音 at 10:24| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

【「裏渋谷」にある徳島県のアンテナショップ「ターンテーブル」が日テレのニュース番組で紹介】

 「裏渋谷」として、オシャレな街として人気の神泉に立地する徳島県のアンテナショップ「ターンテーブル」。新型コロナ感染の前は、海外からの観光客に人気の宿泊施設として有名でした。また、徳島の食材を用いたレストランは、ランチもディナーも人気です。新型コロナ感染もあり、集客に苦労した時機もありましたが、客足も戻りつつあるようです。
 かなりまえですが、5月12日に、日テレのニュース番組で取り上げられたようですので、機会をみて是非とも美味しい徳島の素材を食べてみては、いかがでしょう。

posted by 渦の音 at 10:22| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2022年04月21日

【岡本直之さん(城南高 昭和55年卒)が5月8日(日)午後に徳島市産業支援交流センター(徳島駅前・アミコ9階)開催の「起業家支援セミナー」で講演】

「渦の音クラブの集い」にも何回か参加された、城南高校昭和55年卒業の岡本直之さんが、5月8日(日)の午後に、徳島市産業支援交流センター(徳島駅前のアミコ9階)で開催の「起業家支援セミナー」で講演します。岡本さん、財務省の政策立案総括審議官を経て、国土交通省の政策統括官などを歴任し、地方創成や起業家育成の政策を推進してきました。今は、一般社団法人イノベーションハブの代表理事として、大学の研究成果を社会課題の解決に活かすための産官学と金融の連携をはかるハブ機能の構築を図っています。
 徳島開催ですが、城南高校昭和55年卒の岡本さんの講演会、関心のある方は是非。Zoomでのハイブリッド開催ですので、アミコ9階に行けなくても参加できるみたいです。

(徳島市産業支援交流センターの案内HP)
https://tok-sangyoshien.org/2022/03/3206

岡本さんセミナー.jpg
posted by 渦の音 at 00:38| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

【春高バレー、城南高校女子バレーボール部の2回戦は優勝候補(インターハイ優勝)の下北沢成徳高校に0対2で敗退。選手の頑張りに拍手!!】

 城南高校女子バレーボール部の2回戦は、優勝候補でインターハイ優勝校の下北沢成徳高校と対戦でした。14- 25、10- 25のセットカウント0対2で敗退しました。「見逃し配信【7日の朝9時までは無料】」が公開されています。明日の朝までしか無料視聴はできません。
 試合動画を拝見しましたが、超高校級の下北沢成徳高校に一歩も負けない試合展開です。点差ほどには実力差は感じない、城南高校女子バレーボール部の実力を感じます。
 今年は残念ながら2回戦どまりでしたが、その相手は下北沢成徳高校にあれだけの試合ができています。きっと、来年はもっと上位に(ベスト16やベスト8)常連校になるのでは、との期待が持てる試合でした。
 新型コロナなどの大変な中で、東京体育館での無観客試合で活躍した城南高校女子バレーブール部の選手の皆さん、監督や顧問の先生方、保護者の皆さんなど、皆さんの活躍に感動しました。ありがとうございました。
 ※無料見逃し配信期間が終わりましたので、試合終了時のスクショに変更しました。
春高バレー2022-2.jpg


posted by 渦の音 at 22:26| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【城南高校女子バレーボール部、1回戦は2対0で勝利!明日の2回戦は優勝候補(インターハイ優勝)の下北沢成徳高校と対戦!】

 城南高校女子バレーボール部、今日から東京体育館で開幕した「春高バレー」、1回戦は佐賀清和高校に、セットカウント2対0((25対19、25対13)で勝利しました。
 コロナ対策のため無観客試合で、有料ネット配信ですが、先程から明日の朝まで時間限定の「無料見逃し配信」が公開されました。
 明日の2回戦は、優勝候補の東京都代表の下北沢成徳高校と13時50分から対戦します。夏のインターハイで全国制覇している超高校級の下北沢成徳高校を相手に、城南高校女子バレーボール部の皆さん、思い切り戦ってほしいです。活躍を期待しています。
春高バレー2022.jpg
posted by 渦の音 at 22:26| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【城南高校女子バレーボール部の紹介動画が公開&1回戦は1月5日(水)16時50分から佐賀清和高校と】

 新年明けましておめでとうございます。2022年も渦の音クラブ(城南高校関東地区同窓会)をよろしくお願いします。
 ところで、明日、1月5日(水)から、千駄ヶ谷の東京体育館で開幕の「春高バレー」に出場の城南高校女子バレーボール部ですが、紹介動画が公開されています。「アルゴリズム体操」をチームワーク抜群で披露しています。
 また、今年も春高バレーは無観客試合です。昨年はネット配信は無料でしたが、今年は有料ネット配信になっています。しかし、試合終了後6時間以内に無料で視聴可能な「無料見逃し動画」が公開予定です。しかし、その後、翌朝の9時には有料視聴に切り替わるそうです。ライブでの応援は、有料になるようです。もちろん、6時間後の無料見逃し配信で、城南高校の勝利と雄姿を見ることを祈念しています!!
posted by 渦の音 at 22:24| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【松屋銀座7階「デザインギャラリー1953」で『藍染の解剖展ーBUAISOUの仕事ー』がスタート、2月21日まで】

 徳島とニューヨークに拠点をもつ藍師と染師の集団「BUAISOU」が制作した1枚の藍染ポスターを解剖する展示会『藍染の解剖展-BUAISOUの仕事-』が、松屋銀座の7階にある「デザインギャラリー1953」で今日からスタートしました。仕事が終わってから、閉店間際に展示会初日にお邪魔してきました。藍染の工程を丹念に解説したパネルとともに、中央には藍玉となる前の「蒅(すくも)」がありました。もちろん、「BUAISOU」の制作した様々な藍染製品も展示即売されています。
 年明けの2月21日まで開催です、また、松屋銀座7階の「デザインギャラリー1953」は、全国の様々な工業デザイナーなどの作品が展示即売されていますので、「銀ブラ」のついでに藍染に立ち寄ってはいかがでしょうか。
 今年も新型コロナで城南高校同窓生の対面での交流は制約されましたが、2022年こそは、城南高校卒業生の皆さんの交流が深まることを祈念しています。
 城南高校卒業生の皆さん、良い年をお迎えください。そして、明年も引き続き、渦の音クラブ(城南高校関東地区同窓会)をよろしくお願いします。

270040112_4476810115779385_7502461228735342637_n.jpg

270218512_4476822405778156_5934905990397228757_n.jpg
270293820_4476809912446072_7728987881140032212_n.jpg
270033567_4476809695779427_2625844393541724127_n.jpg
270289607_4476818105778586_2512045382238128448_n.jpg
269898210_4476822622444801_7181018559952590376_n.jpg

posted by 渦の音 at 22:24| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【高校生による徳島活性化プロジェクト「お嫁さんのお菓子のリブランディング」はクラウドファンディングが達成】

 徳島県教育委員会では、県内の高校生による地域活性化プロジェクトを高校横断で実施しています。今年のテーマは「お嫁さんのお菓子」です。徳島県にしかない風習「花嫁菓子」の伝統、歴史を如何に引き継ぎ、地域活性化などにつなげるかを高校生が考え、行動するプロジェクトです。
 そのための資金集めのクラウドファンディングが9月からスタートしていましたが、11月末までの締め切りに、100万円の目標が達成されたそうです。城南高校生は参加していないみたいですが、徳島の高校生による「花嫁菓子」を考えるプロジェクトです。既に、「花嫁菓子」の新しいパッケージを開発したり、新たなブランディングに挑戦しているみたいです。そして、「徳島の花嫁菓子のリブランディング」の「途中経過報告会」は、今週末の12月12日(日)に、徳島市内の「リヴァージュテラス・ブランアンジュ」で発表予定とのことです。さらに、PR動画制作もブラッシュアップ中とのことです。成功を期待しています。
 なお、徳島では慣れ親んだ「お嫁さんのお菓子」、県外にはこのような風習はなく、珍しいみたいです。「お嫁さんのお菓子」は、「徳島県人のリトマス試験紙」かもしれません。
 一方、徳島でも、今や花嫁さんが近所回りする機会もなくなりつつあり、「お嫁さんのお菓子」を近所に配る風習も少なくなっているみたいです。もちろん、披露宴で引き出物には今も「お嫁さんのお菓子」はかなり入っているみたいです。
posted by 渦の音 at 22:23| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【城南高校昭和57年卒業の神田裕行さん、ミシュランガイド三つ星を15年連続獲得。「メンターシェフアワード」にも選出】

 日本料理「かんだ」のオーナーシェフの神田裕行さんは、城南高校昭和57年卒業生です。今年のミシュランガイド東京が発表となり、神田さんのお店「かんだ」は、第1回から連続15年の三つ星を獲得しました。
さらに、初めて個人部門が設立され、「メンターシェフアワード」に神田さんが選ばれました。
 徳島の食材も活かされた「かんだ」の素晴らしい料理が、さらに世界中の人々を楽しませること、素晴らしいです。
(朝日新聞での記事)
posted by 渦の音 at 22:22| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【旧制・徳島高女(現・城東高校)出身の瀬戸内寂聴さんの訃報】

 旧制・徳島中学校の対となる旧制・徳島高等女学校の出身の瀬戸内寂聴さんが、お亡くなりになりました。99歳でした。
 昭和57年(1982年)9月18日、当時の竹原校長先生(瀬戸内寂聴さんとは新町小学校の同級生)の依頼で、城南高校で瀬戸内寂聴さんの講演会が「城南祭・特別講演会」として開催されました。『復刊第29号・渦の音(1983年3月号)』に、寂聴さんの講演録が掲載されています。「40年近く前、旧制・徳中のかっこいいい男前の学生を憧れの目で眺めていました。その憧れの彼は、今は目の前で母校の校長先生をしています」と、竹原校長先生を話題に会場を笑いにつつみました。生徒も保護者も一体となった、素晴らしい講演会でした。その後、保護者を対象にサイン会も開催されました。さらに、城南高校新聞編集局の単独インタビューにもご対応いただき、生徒5人くらいで応接室でインタビュー、城南新聞にインタビュー記事が掲載されました。
 徳島県文学書道館の館長を務めるなど、徳島県の発展にも貢献されました。ご実家の東大工町の瀬戸内仏壇仏具店は、今も中心市街地に残る数少ない仏壇仏具店として有名です。徳島県はもとより、城南高校にとっても関係の深い瀬戸内寂聴さんの訃報、本当に残念です。ご冥福をお祈りします。
(「城南新聞」での瀬戸内寂聴さんのインタビュー記事)
258849536_4341472292646502_2184501457399028078_n.jpg
(『復刊第29号・渦の音(1983年3月号)』での記事)
258841391_4341544662639265_2266761074920947331_n.jpg
posted by 渦の音 at 22:18| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

【城南高校女子バレーボール部が3年連続13回目の優勝。「春高バレー」全国大会に出場決定!】

 城南高校女子バレーボール部、本日の徳島県大会で優勝しました。3年連続、13回目の優勝です。1月5日から東京体育館で開催の「第74回全日本高校バレーボール選手権(春高バレー)」に出場が決定しました。昨年はコロナ禍で無観客試合でした。お正月の「春高バレー」も無観客での開催予定ですが、城南高校女子バレーボール部の活躍を応援しています。

(徳島新聞の記事)
posted by 渦の音 at 16:04| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

【三井住友銀行会長の宮田孝一さん(城南高・昭和47年卒)の訃報・・】

 城南高校の昭和47年卒業生で、三井住友銀行会長の宮田孝一さんの訃報が昨日から流れています。国内の3大メガバンクの一つである三井住友フィナンシャルグループの社長として、旧住友銀行と旧三井銀行との融和に尽力し、三井住友フィナンシャルグループを一体感の強い金融グループにした立役者でした。特に、リーマンショックやサブプライム問題の対応に尽力したことでも有名です。
 渦の音クラブにはあまり参加いただけませんでしたが、東京徳島県人会の副会長として、徳島県の発展に様々なアドバイスをしていました。また、東京徳島県人会の「徳島県人のつどい」では、メガバンクのトップとは思えない、とても気さくに親しく交流を深めていた姿が印象的です。
 宮田先輩、67歳という若さで、現役メガバンク会長の訃報に、言葉も出ません。三井住友銀行会長を勇退されたら、渦の音クラブにも気さくにご出席いただけると思っていただけに、本当に残念です。宮田先輩のご冥福をお祈りします。

(宮田先輩の訃報に関する日経新聞の記事)
posted by 渦の音 at 00:40| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

2021年10月24日

【「2021年・第46回渦の音クラブの集い」がオンラインで開催されました】

 今日は、「2021年・第46回渦の音クラブの集い(総会・交流会)」が開催されました。今年も、新型コロナの感染状況を勘案し、オンライン(Zoom)での開催でした。常時25人から27人、延べ30人強の参加者が集まりました。徳島の城南高校同窓会事務室には、校長先生、同窓会会長、保健体育の大西先生などが集まってくださりました。また、徳島県東京本部からもご参加いただき、徳島県を巡る近況を報告いただきました。

(Zoomによる「渦の音クラブの集い」のオープニングスライド)
スクショ9.jpg

(プログラムのスライド)
スクショ12.jpg

(前田校長先生によるご挨拶)
スクショ2.jpg

(粟飯原同窓会会長(城南・昭和51年卒)によるご挨拶)
スクショ3.jpg

(徳島県東京本部の今津副本部長(城南・昭和61年卒)によるご挨拶)
スクショ4.jpg

「コロナ禍の1年を語ってみた」というテーマで、東野光宏さん(平成4年卒)から「コロナと付き合うホルン吹きの話」、プロ写真家の中田浩資さん(平成6年卒)から「海外だけではない、国内の良さにも触れることができた1年」をお話しいただきました。今年は、2回のブレイクアウトセッションで、卒業年を超えてランダムに設定した4人から5人のグループで、自由に意見交換する時間を設定しました。

(東野さん(平成4年卒)によるプレゼン)
スクショ5.jpg

(中田さん(平成6年卒)によるプレゼン)
スクショ7.jpg

 賀川会長のコーディネイトのもと、全体で「徳島を語る」時間も設定しました。東京から見た徳島の良さや課題などを自由に語り合えいました。また、徳島県東京本部からの「徳島特産品プレゼント」をかけた「ブラ・城南クイズ」も企画しました。

(「城南クイズ」は、城南富士(勢見山)と「阿波青石」をテーマに5問お聞きしました)
スクショ11.jpg

(「城南富士」の勢見山を地理院地図で3D処理した画像などもご紹介しました)
スクショ10.jpg

最後は、旧制徳島中学校歌と、城南高校校歌を合唱し、閉会となりました。集合写真はオンライン上ですので、スクショで対応しました。

(最後に集合スクリーンショットで)
スクショ.jpg

 「渦の音クラブの集い」は、2年連続でオンライン(Zoom)での開催となりましたが、皆さんのご支援で開催することが出来ました。きっと来年はホテルニューオータニで直接お会いして城南高校の交流を深めることを期待しています。
posted by 渦の音 at 22:01| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

【「第10回 渦の音クラブ若手会員交流会」をオンライン(Zoom)で開催しました】

 渦の音クラブ(城南高校関東地区同窓会)では、今後、幹事学年となる若手会員と、前年の幹事学年による「若手会員交流会」を開催しています。今年で第10回目になります。例年、交流会の会費は無料として、新規会員の発掘にも役立ててきました。しかし、今年は新型コロナ感染の状況を鑑み、オンライン(Zoom)で開催しました。前年の幹事学年(昨年は平成2年3月卒業生が幹事)以降、50歳以下の卒業生での交流会でした。お店に予約が不要のため、出欠を厳密にしなかったこともあり、今年の幹事学年の平成3年卒と、来年の幹事の平成4年卒しか集まりませんでした。途中から、昭和63年卒も参加し、学年を超えた同窓会の良さなどを語っていただきました。
 参加者は少なかったですが、予定を超える3時間超のオンライン懇談会でしたが、平成3年卒と4年卒の皆さんのネットワークが構築できました。10月24日(日)の「令和3年度・第46回渦の音クラブの集い」での企画アイデアなども出ました。そして、さらに大勢の城南高校卒業生がオンライン(Zoom)で集まり、交流を深めることを確認しました。

若手会2021-3.jpg
若手会2021-4.jpg
posted by 渦の音 at 00:09| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

【第10回渦の音クラブ若手会員交流会」開催の件(10月2日(土)20時より)】(申し込みは10月2日(土)18時まで)

 渦の音クラブ(城南高校関東地区同窓会)では、今後、幹事学年となる若手会員と、前年の幹事学年による「若手会員交流会」を開催しています。今年で第10回目になります。例年、交流会の会費は無料として、新規会員の発掘にも役立ててきました。しかし、今年は新型コロナ感染の状況を鑑み、オンラインで【2021年10月2日(土)20時より】開催します。
 前年の幹事学年(昨年は平成2年3月卒業生が幹事)以降の卒業生より若い、50歳以下での交流会を開催しています。また、昨年の総会がオンライン開催でしたので、総会の様子をお伝えいただくためにも、一昨年の幹事学年の平成元年卒の方にもお声掛けしています。平成元年卒の方も、積極的な参加をよろしくお願いします!!
 緊急事態宣言は解除されましたが、飲食を伴う交流会はやはり難しいと思いますので、オンライン(Zoom)での交流会とします。
オンラインですので、気軽にご参加をお願いします。徳島からの参加も可能です。ご自宅で、夕食が終わってから、飲み物を片手に、城南高校同窓会関東支部の若手(?)会員の皆さんと、楽しい交流を図りましょう。参加申し込みをよろしくお願いします。折り返し、ZoomのIDなどをメールいたします。

【第10回・城南高校同窓会関東支部(渦の音クラブ)若手会員交流会】
日時 10月2日(土) 20時~22時(夕飯を済ませて、飲み物片手に)
(申し込みは下記フォームに、可能であれば前日までにお願いします。当日の18時まで対応します)
posted by 渦の音 at 15:54| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

【「2021年度・第46回渦の音クラブの集い」の参加申し込みを開始しました】

 10月24日(日)12時~15時開催の「2021年度・第46回渦の音クラブの集い」は、新型コロナの感染を鑑み、対面での開催ではなくオンライン(Zoom)での開催とさせていただきます。関東地区在住者で、渦の音クラブの会費振込書にメールアドレスを記載いただいた方には、【概ね1週間前までに】ZoomのIDやパスワードを記入いただいたメールアドレス宛にお伝えします。関東以外の方での参加も大歓迎です。ショートプレゼンや4人程度のグループ別の交流会などを組み合わせたオンラインならではの企画を検討中です。
 また、徳島からは恩師の先生方にも参加をお願いしています。懐かしい恩師の先生との対面も楽しみにしてください。
 皆さんの参加をお待ちしています。申し込みフォームから必要事項をご記入よろしくお願いします。


スケジュール(予定)
1.総会(12:00~12:40) 
(1)開会の辞
(2)挨拶:渦の音クラブ会長 賀川浩一(昭和54年卒)
(3)会計・事業報告:三橋浩志事務局長(昭和59年卒)
(令和2年度事業報告、会計報告)
(令和3年度事業計画(案)、予算(案)、役員(案))
(4)来賓によるご祝辞・近況のご報告:
・母校学校長:徳島県立城南高等学校校長 前田 茂 校長先生
・同窓会本部:旧制徳島中学校/城南高等学校同窓会会長 粟飯原治仁様(昭和51年卒)
・徳島県東京本部:徳島県東京本部副本部長 今津恭尚様(昭和61年卒)
(5)閉会の辞
2.アイスブレイクセッション(12:40~12:50)
・自己紹介(卒業年、出身中学校、城南時代の部活動など)
・城南3年間を振り返っての想い出(想い出の場所、先生など)
3.コロナ禍の1年を語ってみた(その1)(12:50~13:10)
東野光宏さん(平成4年卒)の場合
-管弦楽の楽しさを想い出すことができた1年-
4.渦の音交流会:ブレイクアウトセッション(13:10~13:50)
4人程度の小グループでの20分程度の交流会(雑談会)を2回程度実施(1回目は卒業年を混合、2回目は卒業年を近似)
5.コロナ禍の1年を語ってみた(その2)(13:50~14:10)
中田浩資さん(平成6年卒)の場合
-海外だけではない、国内の良さにも触れることができた1年-
6.「徳島について語る・遠くでトーク」(14:10~14:40)
徳島について、賀川会長のコーディネイトで参加者が自由に語るセッション
を30分程度
7.幹事学年(平成3年卒)、次期幹事学年(平成4年卒)のメッセージ(14:40~14::50)
8.閉会(15:00)(旧制徳島中学校歌、城南高校校歌 斉唱)

posted by 渦の音 at 23:07| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【2021年度・第2回渦の音クラブ理事会の開催】

 「2021年度・第46回渦の音クラブの集い」に向けた準備会合となる、第2回の渦の音クラブ理事会をオンライン(Zoom)で開催しました。12人の理事メンバーに加え、徳島からは粟飯原会長、川竹副会長、糸田川近畿支部元代表にも参加いただきました。
 昨年度の事業報告と決算報告、そして本年度の事業計画(案)と予算(案)を審議いただきました。そして、10月24日(日)開催の「2021年度・第46回渦の音クラブの集い」について、新型コロナ感染との関係を踏まえ【Zoomオンラインでの開催】を決定いただきました。
 昨年のオンライン同窓会の反省などを活かして、様々なプログラムのアイデアが出ました。議事メモを理事会メンバーにフィードバックしましたので、ブラッシュアップしていきたいと思います。
 今年もホテルニューオータニ「ガンシップ」での開催はできませんが、オンラインでの開催ということで、全国からの参加をお待ちしています。

(「オンライン渦の音クラブ理事会」の様子)
理事会202109-2.jpg

(理事会の次第)
理事会202109-3.jpg

(「2021年度・第46回渦の音クラブの集い」のアイデア)
理事会202109-4.jpg


posted by 渦の音 at 23:06| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

【9.11で犠牲になった槇本孝志さん(城南高・昭和46年卒)のメモリアル、20年目の9月11日を迎えて】

 2001年の9月11日に起きた米国同時多発テロ事件で犠牲になった、ニューヨークの世界貿易センタービルに勤務していた当時の富士銀行ニューヨーク支店勤務の槇本孝志さんは、城南高校の昭和46年卒業生です。9.11で日本人は24人犠牲になっていますが、当時の富士銀行ニューヨーク支店では12人が犠牲になっています。その一人が、城南高校を昭和46年に卒業した槇本孝志さんです。
 富士銀行(現・みずほ銀行)では、大手町の富士銀行の元本店跡にメモリアル施設を設置し、追悼を継続しています。大手町の様相も20年で大きく変化しました。大手町の高層ビルのなかにある「大手町の森」というポケットパークに、世界貿易センタービルの鋼材を入れたメモリアル施設があります。2年前の9月11日に訪問した際は、ほとんどの人は単なるオブジェと思い通り過ぎていました。その後、何回か通りましたが、気にする人はほとんどいませんし、高層ビル街のポケットパークの認識しかありません。
 「分断の21世紀」がスタートした契機となる事件を東京都心で再認識できる施設です。写真は2年前の9月11日に、城南高校の槇本先輩のご冥福をお祈りした際の写真です。

(槇本さんのお名前を記された慰霊碑)
241794924_4123670481093352_6276848877055116690_n.jpg

(「大手町の森」にある9.11の慰霊施設)
241752569_4123670751093325_1027452838526183342_n.jpg

posted by 渦の音 at 23:02| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする