2011年04月18日

硬式野球部は春の県大会も1位!!

震災や原発、さらには計画停電で落ち着かない日々ですが、新年度も始まりました。
ところで、春の甲子園で沸かせてくれた硬式野球部ですが、春の県大会優勝校の城東高校とチャレンジマッチをおこない、見事勝利したようです。徳島新聞には「城南、王者の風格」とまで記載されています。
夏の大会が次の目標ですが、GWに開催される四国大会には、もちろん徳島県1位校として出場するようです。
甲子園で活躍したエースで4番の竹内選手が怪我のため休養していても勝ってしまうのは、やはり「王者の風格」なのでしょう。
もっとも、一昔前の感覚では、徳島県大会の決勝戦が徳島商業でもなく池田高校でもなく、小松島西高校でもなく、鳴門高校でもなく「城南高校VS城東高校」というのは、時代を感じます・・・。

(「城南、王者の風格」徳島新聞の記事)
http://www.topics.or.jp/localSports/122545357765/2011/04/2011_13030042775.html

(徳島新聞の記事)
http://www.topics.or.jp/localSports/122545357765/2011/04/2011_130300508802.html

posted by 渦の音 at 01:23| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

春のセンバツ甲子園は一区切り&野球部OB会からのお礼メール

野球部OB会より応援のお礼メールが届きましたので、渦の音クラブの皆様にも転送します。

 

また、野球部OB会のHPや、母校城南高校のHPにも多数写真が掲載されていますので、アルプス席の様子などご覧下さればと存じます。

 

(野球部OB会のHP)

http://jonan-bbc-ob.betoku.jp/


 

「続きは夏の甲子園で!」という気持ちは当然ありますが、それより一生懸命にプレーに応援に、在校生が頑張る姿を見れたことが良かったと思います。
公式野球というひとつの部活動の全国大会にしか過ぎない甲子園に対して、様々な意見はあるものの甲子園を契機に、学校内はもとより、卒業生も含めて城南高校の絆が深まったことは、代え難い成果だったと思います。

これを契機に、渦の音クラブへのご支援も引き続き宜しくお願い申し上げます。
 

ということで、以下は野球部OB会のお礼メールです。

  

<<<<  ここから野球部OB会のお礼メール  >>>>>>>

 

この度は城南高校野球部の応援、誠にありがとうございました。

年度末のご多忙な中、甲子園まで足を運んで頂いた皆様、テレビの前から離れずに応援してくださった皆様、心より御礼申し上げます。

 

残念ながら本日2回戦で鹿児島実業高校に敗れはしましたが、彼らの活躍は私たちだけでなく、日本中に勇気と元気を与えてくれました。

 

彼らが選出されたとき、私たちOBや多くの卒業生に感謝の言葉を述べてくれました。

彼らはそれを言葉だけでなく、甲子園で記念すべき初勝利という大きな結果で示してくれました。

私たちは大きな感動で甲子園に流れる校歌に涙しました。

逆に彼らに御礼を言わねばなりません。

 

31日の昼頃、彼らは戻ってきます。

ぜひ、グランドで会ったときに声をかけてあげてほしい、そう思います。

 

彼らは休む間もなく、春の県大会優勝校とのチャレンジマッチに挑み、ゴールデンウイークには松山ぼっちゃんスタジアムで開催される四国大会に臨みます。

終わればすぐに夏の大会が始まります。

 

また熱い感動を頂けるように、野球部OB会では全力でサポートしていきたいと思います。

 

今後とも皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

>>>>>> ここまで野球部OB会のお礼メール   <<<<<<<

なお、綱島さんから鹿児島実業戦の終了後の選手の整列写真を頂戴しましたので、以下に添付します。

(選手の試合終了後の整列写真:綱島さん提供)

DSC00135-2.jpg
posted by 渦の音 at 08:13| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする