2012年03月20日

昨年のセンバツ開催決定ドキュメントの件(城南写っていました!)

 ちょうど1年前、城南が初めて甲子園に出場したのですが、東日本大震災の直後のため、開催か中止かで気にしていたことを思い出しながらNHK総合テレビの「開催か中止か、センバツ苦悩の選択」を見ていました。当時も感じた大阪と東京の受け取り方のズレ、民間企業にすぎない新聞社が主催している課題、などを訴える番組でした。「高校球児の活躍に救われた」と締めくくっていたことは私の実感と合います。母校の生徒の団結、卒業生の同窓意識の高まりは、何者にも代え難いものだったと思います。「週刊朝日」の高校別有名大学合格にも、徳島では私学で6年一環の文理高校についで、城南が東大合格者数で市高理数科と並んで掲載されていたことは、やはり生徒の団結を甲子園が引き出したのかな、と良い風に思ってしまいました。
 もっとも、最近になって発表されている福島原発事故調査委員会の報告書などを見ると、開催決定した3/18は、「最悪シナリオ」の懸念が十分残っていた時期で、「結果として運が良かっただけ」ということを忘れてはいけないと思います。
 
それと、写真は応援席でゴミを拾う母校城南高校の生徒の様子が放送されていましたので、思わずテレビ画面を写真で撮影してしまいました。竹内投手や立石ジュニアの名前をはじめとする選手が応援団の生徒に感謝を伝える「ありがとう」の寄せ書きをしている、さらにその後ろで黙々とゴミ拾いをする関係者の姿を見て、城南高校の卒業生で良かったと思った瞬間でした。

(NHKの番組案内)
http://nhkworldpremium.com/program/detail.aspx?d=20120321090500&ssl=false&c=26
(毎日新聞の予告記事)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120318k0000e050118000c.html

IMG_0127.JPG
posted by 渦の音 at 13:55| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

フライデーに昨年の甲子園出場の寄附集めが例示

今日の「フライデー」に、被災地の石巻工業がセンバツ甲子園に出場するにあたり、後援会が「目標金額5000万円」で卒業生1万5千人に寄附を募る案内をしたところ、「被災地の石巻で5000万円も集めるのは非常識」という声があがっている、という記事が組まれていました。「実際には他校ではどれくらいかかるのか」という記事に、昨年の城南高校の特別後援会の寄附集めや、実際に使ったお金の金額、使途などが紹介されていました。ご存じのとおり、昨年の城南高校の特別後援会は、収支報告も公明正大でしたし、支出も極めて抑えた質素なものでした。全国の模範的な後援会だったと思います。少し多かったのは沖縄遠征費ですが、それも高野連が2月は同一地区内での対外試合を禁止しているため、仕方ないことです。応援する生徒が着用するお揃いのジャンパーやメガホンを在校生が個人負担で購入すべきといえるのか、ブラスバンド部の楽器を運ぶトラック代はブラスバンド部が自己負担すべきなのか、開会式から初戦まで練習するグランドの借り上げ費用は野球部員が自己負担すべきなのか、というあたりが石巻工業のケースでは議論になっているようです。確かに、野球部以外の運動部は「自己負担」が原則ですので、野球部だけが数千万円も集めて甲子園に行くのはおかしい、不公平だ、という声もあるようです・・・。しかし、野球を特別視するわけではありませんが、やはり甲子園出場は生徒の団結、卒業生の同窓意識の喚起に繋がると思いますので、それを強制ではなく「寄附できる人で支える」というのは、あっても良いと思います。

(「1試合6000万円はザラ!甲子園センバツにかかる「カネ」」)
http://www.bitway.ne.jp/kodansha/friday/scoopengine/

posted by 渦の音 at 21:31| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

「遠くでトーク」に昭和41年卒の岸憲治さんが登場

 3月5日の「徳島新聞」の「遠くでトーク」ですが、大阪で弁護士をなさっている昭和41年卒の岸憲治さんが掲載されています。

(徳島新聞「遠くでトーク」の記事)
http://www.topics.or.jp/special/122545472032/2012/03/2012_133091476236.html


なお、城南関係で取り上げられた方で、ここ数年の方(HPに掲載されている方)については、同窓会本部のHPにURLが記載されていますので、何かの機会に是非とも見て下さい。

(城南関係で徳島新聞に人物紹介が取り上げられた方の一覧)
http://www.bizan.info/link.html

posted by 渦の音 at 21:32| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

「福島原発事故独立検証委員会報告書」予約開始の件

 渦の音クラブの会長を長らく務めていた遠藤哲也氏には、昨年11月の「渦の音クラブの集い」で「福島原発事故の影響」と題するご講演を頂戴しておりました。先日のブログにも書きましたが、遠藤元会長の関与している「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」の報告書が公開され、テレビや新聞で話題となっています。「読んでみたい」という問い合わせが殺到していたそうですが、3月11日に緊急出版されることになったとのことです。「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」の発行社はディスカヴァー・トゥエンティワンで、サイトで予約が始まっています。
 ネットの情報では、民間事故調の報告書は、「PDFなどをネットで無料公開すべき」とか「紙媒体をしっかり利益が出るように販売するのが良い」といった議論がなされていたようですが、結局、ネット書店による紙媒体の安価販売になったようです。

(ディスカヴァー・トゥエンティワンによるPRサイト)
http://www.d21.co.jp/products/isbn9784799311585
posted by 渦の音 at 21:49| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

常任理事会の報告

トップページ下にも概略は記載しておりますが、先週の金曜日(2/24)は、本年度最終の常任理事会お疲れ様でした。

素晴らしい会場をご提供頂きました生田副会長、ありがとうございました。

23年度の事業報告、会計報告、24年度の事業計画、予算案についてご了解を頂きました。

ありがとうございました。

 

その後、幹事団のあり方、来年度総会の講師候補に関して、理事の皆さんとの自由意見交換となり、大きな方向性が決まってきましたこと、ありがとうございます。

 

ということで、以下にメモを添付します。参考になれば幸いです。

 

(幹事団について)

56年卒、57年卒が合同で2年連続幹事を行ってきた。慣例では58年卒に引き継ぎとなるが、学年理事も未定の状況で例年のような幹事の仕事を期待するのは難しいと思われる。

・卒業30年と卒業40年の合同幹事ということも考えられるが、まず58年卒を中心とした状況を確認してみることが望ましい。

・しかし、関東地区への就職が激減しているなかで、単一学年での幹事団は難しいと思われるため、複数年による幹事グループに移行することが妥当と思われる。

・本部からの支援金を有効に活用し、58年卒を中心とした複数年の幹事団結成に向けた集まりを春先に開催することとする。

 

(講演会講師について)

・多彩な人材がいる城南卒業生ではあるが、「人集め」という意味で話題性が抜群の人材となると、なかなか難しいところである。
全日本代表クラスのスポーツ選手は話題性抜群であるが、11月はシーズン中なので呼ぶことは難しい。

・徳島出身、徳島の話題、ということで、人選の枠を拡大しても良いと思われる。

 

ということで、「春に卒業30年前後(58年卒を中心に)の集まりの実施」と、「城南高校卒業生に限定せず、話題豊富な徳島県関係者を候補とした講師打診」、という方向が固まりました。

よろしくお願いします。

 
posted by 渦の音 at 02:42| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

遠藤元会長他の「福島原発事故独立検証委員会」の件

昨日より、新聞やテレビで民間版事故調査委員会「福島原発事故独立検証委員会」の報告書が取り上げられています。プレスセンターでの記者会見や、首相官邸に北沢委員長と共に向かう遠藤哲也 元・渦の音クラブ会長のお姿を皆さんも拝見していることと思います。遠藤元会長は、11月の「渦の音クラブの集い」において、福島原発事故の影響についてご講演頂きましたが、今回の事故検証委員会の報告も、遠藤元会長らしい毅然としたコメントが多く、考えさせられることが多かったです。
取り急ぎ、日経新聞の記事にリンクしていおきます。

(日本経済新聞の関連記事)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0EAE2E6948DE0EAE2E0E0E2E3E09180EAE2E2E2;at=ALL
posted by 渦の音 at 02:36| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする