2013年08月31日

【平成25年度「渦の音クラブのつどい(第38回総会・講演会・懇親会)の案内】

 平成25年度「渦の音クラブのつどい(第38回総会・講演会・懇親会)の案内状などを印刷所に入稿しました。発送をお願いしているサラト社から9月中旬に発送予定ですので、9月20日頃に郵送でお届けできると思います。皆様、是非ご参加ください!!


【平成25年度「渦の音クラブのつどい(第38回総会・講演会・懇親会)】

1.平成251116 (土)
 受 付 11301200
 総 会 12001220
 講 演 12201320
  演題徳島を復活させる怪物・妖怪を使った町おこし
  講師山口敏太郎作家、城南高 昭和60年卒)
 1966年、徳島県生まれ。城南高校1985年卒。本名は間敏幸(はざま としゆき)氏。1996年に「妖怪進化論」で学研『ムー』のミステリーコンテスト優秀賞を受賞。その後、作家として活躍中。著作115冊。代表作『是非に及ばず(青林堂)』『前田慶次郎(ぶんか社)』『日本の未知生物案内(笠倉出版)』」など。テレビ・ラジオ出演400本以上、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、「クギズケ」、abc「探偵ナイトスクープ」、NHK「日めくりカレンダー」、テレビ東京「おはスタ」、など多数出演中。放送大学院で修士号を取得。「クリプトツーリズム」という伝説を通じた町おこしを実施、岐阜「恐怖の細道」、徳島「幻獣屋敷」など。また、徳島のタウン誌『タウトク』に「徳島の不思議百物語」を連載中。
  懇親会  13301530(予定)
  音楽演奏、徳島県の近況紹介(スライド)等を予定。最後は皆さんで旧徳中校歌と城南高校校歌の斉唱を予定。

2.会場:ホテル・ニューオータニインターナショナルレストラン「ガンシップ」
  東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ・ガーデンコート 4階

3.会費:参加費 ・・・・・・・・・・・・・・・・・   8,000
   年会費 ・・・・・・・・・・・・・・・・・  1口1,000円より~
   ※平成年度卒業生の参加費・・・・ 4,000
   ※平成年度卒業生の紹介者・・・・ 4,000
 参加申込み:10月31日(木)までに同封の郵便振込用紙にて参加費、年会費をお振込みください。
 期日までに参加費の振込みが出来ない方は、事務局にご連絡ください。

4.当番学年: 昭和59年卒
posted by 渦の音 at 22:51| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

【徳島での本部同窓会(8/11)の報告】

 遅くなりましたが、8月11日は、徳島の阿波観光ホテルで、旧徳中・城南高校同窓会が開催されました。3年ほど前から、幹事学年の異様な盛り上がり(?)もあり、参加者が急増しています。今年も、200人近くの参加者があったようです。 また、渦の音クラブ(旧徳中・城南高校関東地区同窓会)では、徳島の同窓会本部との連携強化を図るために、昨年から幹部が参加するべく、派遣経費を予算化するようにしております。今年も、澤田会長が徳島での同窓会に参加し、渦の音クラブの活動状況を報告いたしました。そして、同窓会本部の役員の方々などとの交流を深めてきました。
 ということで、当日記録を担当したプロカメラマンの宮武健二氏(城南高校昭和60年卒)からご提供いただいた8月11日の様子を少し掲載いたします。

(同窓会幹部からの総会報告の様子)
5I0A8462s.jpg

(「渦の音クラブ」の澤田会長による活動報告)
IMG_4952s.jpg

(懇親会のスタート、乾杯のご発声)
5I0A8769s.jpg

(澤田会長による徳島メンバーとの連携強化)
5I0A8763s.jpg
posted by 渦の音 at 02:13| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

【今年の「東京徳島県人会」は城南高校昭和49年卒のプロギターリスト堀尾和孝さんがゲスト】

 今年の「東京徳島県人の集い」は、城南高校卒業生のプロ・ギターリストの堀尾和孝さん(城南昭和49年卒)をゲストに、10月20日(日)にお台場の有明ワシントンホテルで開催されるようです。堀尾さんは、京王プラザホテルで2003年に開催された「第28回渦の音クラブの集い」で、素晴らしいギター演奏を披露いただいております。
 今年の「東京徳島県人の集い」、東京事務所が事務局ですので、参加ご希望の方は連絡してみてはいかがでしょうか。

(徳島県東京本部の「徳島県人の集い」案内)
http://tokyo-tokushimakenjinkai.jp/2013/08/post-250.html

 ちなみに、各道府県の県人会は、様々な歴史的経緯もあり、大規模な道府県もあれば、こじんまりとした道府県もあります。会員組織のところもあれば、会員制度をとっていないところもあります。「近畿●●県人会」は、経済人を中心とした有志による県人会ですが、「東京●●県人会」は、元のお殿様を囲む旧士族の集まりの系譜を引く県人会が大半です。東京徳島県人会も、戦後直ぐまでは蜂須賀のお殿様を囲む旧士族と、東京で活躍する(官僚、大学教授、社長に限定)徳島県人が、都内の蜂須賀邸で集まっていたと言われています。最近は、徳島県庁東京事務所が事務局を引き継ぎ、オープンな会になっております。東京徳島県人会は、毎年、200人くらいが集まっているようですが、東京長野県人会、東京熊本県人会、東京広島県人会、同じ四国でも関東高知県人会、関東愛媛県人会などは優に500人を超えて、1000人近く集まっていますようです・・・・・。
posted by 渦の音 at 23:58| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

【平成25年度 第1回常任理事会が開催されました】

 平成25年度の第1回常任理事会が開催されました。11月16日(土)の「第38回渦の音クラブの集い」に向けた打ち合わせを中心に、「第2回若手会員交流会」の開催についても議論されました。常任理事会での議論を少しご報告致します。
日時:平成25年8月23日(金) 19時-20時30分
場所:場所:慶應義塾大学三田キャンパス内会議室
出席者(敬称略・順不同)
 澤田会長、船越副会長、佐藤監事、小松、高田、中川、桜井、戸井、峯田の各理事、三橋浩志・稔子(事務局)

議事概要:
(総会提案資料)
・総会提案資料として、事務局作成の決算(案)、事業計画(案)、予算(案)が協議され、了承された。
(「第38回渦の音クラブの集い」開催の件)
・「渦の音クラブの集い」開催に向けた準備状況が事務局から報告され、協議された。幹事学年を中心に引き続き準備を進めることが確認された。
・案内状などの原稿について確認が行われ、サラト社への入稿原稿について修正点などの意見が出された。そして、入稿原稿が了承された。
(若手会員の拡充)
・「若手会員交流会」を今年度も開催することで了承された。時期は、9月末で早急に調整することとした。昨年は、
昭和58年卒以降の11名が渦の音クラブと初めて接点をもち、そのうち11月の総会・懇親会に6人が新規参加した。「若手会員交流会」は効果を発揮しているといえる。
(その他)
・総会前の「全体理事会」は、総会の1ヶ月前頃、10月中頃開催の予定で日程調整を進めることとした。

(常任理事会資料の一部)
993986_494421497315113_80045121_n.jpg

 ちなみに、常任理事会終了後は、いつもの「中華料理・大連」に移動し、名物の焼餃子、水餃子を肴に、紹興酒を3本も空けながら闊達な意見交換を行いました。
posted by 渦の音 at 18:12| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする