2018年08月18日

【2018年度・第43回「渦の音クラブ(旧制徳島中学・城南高校関東地区同窓会)のつどい」は10月6日(土)ホテルニューオータニのガンシップで開催】


2018年度・第43回「渦の音クラブ(旧制徳島中学・城南高校関東地区同窓会)のつどい(総会・講演会・懇親会)」は、10月6日(土)の12時から開催です。今年は例年よりも1ヶ月早い開催です。また、土曜日開催です。

今年の講演会は 立木さとみ氏(立木写真舘 常務取締役)による『「なっちゃんの写真館」が見つけた、世紀を超えた日露友好 ~111年の時を超えて』です。立木写真館が撮影した日露戦争時の善通寺の俘虜収容所の写真を巡る111年の時を越えた日露交流のお話です。日本とロシアの「草の根交流」を「写真」というメディアを介して解きほぐすお話です。歴史学的には、日露戦争時に、全国29ヵ所の俘虜収容所に72,000人のロシア兵が俘虜として生活したことは、日本にとって重要な出来事です。地方都市(例えば善通寺市)では、「一般民衆が外国人を初めて見て、異文化と初めて接触した」機会であり、「黒船来航に続く第二の開国」と言われていたことは、あまり知られていません…。徳島の立木写真館が善通寺に分室を設置したほどの大事件だったのです。2018年は「アジア、第九、初演100年」の記念年で徳島は盛り上がっていますが、坂東俘虜収容所で有名な第一次世界大戦時のドイツ兵俘虜は全国に16ヶ所、約4,700名です。日露戦争時に7万人を越えるロシア兵俘虜を受け入れたことを確認することは、「シベリア抑留」の悲劇を越えて大切なことだと気づかせてくれるご講演でした。5月に日比谷図書館で開催された立木さんの講演会は満員御礼で申し込みが締め切られる大人気でした。立木さんは既にロシアで何度もご講演されており、講演するたびに、新たな発見が追加されてブラッシュアップされています。映画化やドラマ化の話もあるとかないとか!!立木さんのお話は必見です!!

関東在住者には同窓会報とともに案内が郵送されていますので、期日までに参加費をお振り込みください。案内が必要なかたは、事務局までご連絡ください。もちろん、関東地区在住の城南高校関係者、関東以外からの参加も大歓迎です!!

(立木写真館の日露交流に関する朝日新聞の記事)

37707753_1121268618012703_6395013232079142912_n.jpg



posted by 渦の音 at 11:17| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【第7回「渦のクラブ(城南高校関東地区同窓会)若手会員交流会」は9月7日(金)19時からに東京駅八重洲前で】

「渦の音クラブ(徳島県立城南高校関東地区同窓会)」では、若手会員の発掘と連携強化を目指して、50歳以下(昭和62年卒以降)の若手会員限定の【会費無料】の交流会を開催しています。今年の「第7回:渦のクラブ(城南高校関東地区同窓会)若手会員交流会」は9月7日(金)19時から、東京駅八重洲前の「居酒屋:美少年」で開催します。出席の方は、【9月3日(月)】までに必ず事務局までご連絡お願いします。
(「居酒屋:美少年」のHP)
posted by 渦の音 at 10:59| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【インフォマート社長の長尾収さん(城南高・昭和53年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」に登場】

 三井物産出身で、企業の電子商取引を運営するインフォマート社社長の城南高校昭和53年卒業の長尾収さんが、徳島新聞の「遠くでトーク」に紹介されました。
 城南高校、総選世代からも続々と経営トップが輩出されています。

posted by 渦の音 at 10:53| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【城南高校「あばばい」作者の彫刻家の流政之先生の訃報】

平成時代の卒業生には懐かしい、城南高校の「アババイ像」。その城南高校の自主・自立を表現した「あばばい像」の作者、彫刻家の流政之先生が7月17日にお亡くなりになりました。
 「あばばい」に込めた流先生の想いを再確認したニュースでした(;_;)

https://www.sankei.com/life/news/180717/lif1807170011-n1.html

posted by 渦の音 at 10:51| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。