2017年11月22日

【京都大学大学院生命科学研究科研究科教授・研究科長の垣塚彰さん(城南高 昭和52年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

京都大学大学院生命科学研究科研究科教授・研究科長の垣塚彰さん(城南高 昭和52年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されました。パーキンソン病やアルツハイマー病といった神経変性疾患、がんなどの病気を研究テーマにしているそうです。

(徳島新聞「遠くでトーク」の記事)

http://www.topics.or.jp/special/122545472032/2017/10/2017_15069959634232.html

【関連する記事】
posted by 渦の音 at 23:55| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

【平成29年度・第42回「渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)が開催されました】

2017年11月19日(日)に、ホテルニューオータニに65人の参加者を集めて、平成29年度・第42回「渦の音クラブのつどい(総会、講演会、懇親会)」が盛大に開催されました。総会では、澤田会長(昭和49年卒)の開会挨拶、櫻井事務局長(昭和57年卒)による決算、事業計画、予算に関する事務局提案があり、原案通り承認されました。徳島からは、松山隆博校長先生、森一生同窓会副会長(昭和48年卒)にご出席頂きました。松山校長先生からは、文武両道で活躍する現役学生の様子、特に女子バレーボール部の「春高バレー」出場の報告や、二科展に全国初の高校生が6人も入賞した快挙などが報告されました。

(澤田会長(昭和49年卒)の開会あいさつ)
IMG_20171119_120816.jpg

(松山隆博校長先生による母校近況紹介)
IMG_20171119_121013.jpg

(森一生副会長(昭和48年卒)による同窓会本部の事業紹介など)
IMG_20171119_121826.jpg

(櫻井事務局長(昭和57年卒)による事業報告など)
IMG_20171119_122628.jpg

続いて、幹事学年で建築家の吉田周一郎さん(昭和62年卒)による講師紹介で、「徳島の建築家にできること」と題して、内野輝明さん(昭和56年卒)による講演会でした。内野さんは、光や風を積極的に採り入れる住宅「風井戸のいえ」や、日本建築士会2014年まちづくり大賞を受賞した「先行高地移転試行(こうのすまい)」、個室型バスの先駆けとなった海部観光の夜行バス「My Flora」などで注目される建築家です。特に、南海トラフ地震を想定し、事前に徳島の木材をふんだんに使った高台への仮設住宅に転用可能な住宅プランを美波町(日和佐町)で実施していることなどをご紹介いただきました。徳島を拠点とした自然環境を活かした空間づくりへの取組み、3.11以降の事前復興と林業再興を接続する試みなどについ、「人間に寄り添う」建築家らしく、土木とは異なる志向で「距離感」などの考えさせられるコンセプトを問題提起していただきました。

(内野輝明さん(昭和56年卒)による講演会)
IMG_20171119_123504.jpg

(内野さんの講演に拍手をおくる城南高校卒業生の皆さん)
IMG_20171119_133944.jpg

会場を移して始まった懇親会は、幹事学年の峯田富次さん(昭和62年卒)の司会のもと、参加者で最年長の日下明男さん(昭和32年卒)の乾杯でスタート。その後、会場内で懇親を深めました。福永哲夫・前会長(昭和35年卒)、赤枝恒雄・前代議士(昭和37年卒)からスピーチを頂戴しつつ、学年を超えた交流を深めることができました。

(乾杯の発声は日下明男さん(昭和32年卒))
IMG_20171119_134916.jpg

(前会長の福永哲夫さん(昭和35年卒)のスピーチは「貯筋」の大切さ)
IMG_20171119_143858.jpg

(前衆議院議員の赤枝恒雄さん(昭和37年卒)からは医療政策などの貴重なお話)
IMG_20171119_144242.jpg

今年も集合写真を撮影し、最後は、副会長の中川(佐川)洋子さん(昭和54年卒)のピアノ伴奏にのせて、参加者一同で「旧制徳島中学校歌」、「城南高校校歌」を大きな声で斉唱しました。そして、今年の当番学年の昭和62年卒の報告、来年の当番学年の昭和63年卒の「来年は参加者100人超えを目指して頑張ります!」との決意表明が行われ、来年も学年を超えた関東地区在住の城南高校同窓生が集まりましょう!という思いを確認し、閉会となりました。

(全体の集合写真、「は〜い、すだち」の合言葉でパチリ)
IMG_20171119_153342.jpg

(昭和30年代、昭和40年代の卒業生)
IMG_20171119_153443.jpg

(昭和50年代の卒業生)
IMG_20171119_153602.jpg

(昭和60年代と平成年代の卒業生)
IMG_20171119_153707.jpg

(みんなで大きな声で校歌を歌います)
IMG_20171119_154101.jpg

(ピアノ伴奏は中川洋子さん(昭和54年卒))
IMG_20171119_154151.jpg

(新旧当番学年の挨拶、村上さん(昭和63年卒)からは「来年は100人超え」との決意表明)
IMG_20171119_154613.jpg




posted by 渦の音 at 01:13| Comment(0) | 行事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第6回「渦の音クラブ若手会員交流会」は盛会でした】

 渦の音クラブ(旧徳中・城南高校関東地区同窓会)では、若手会員の発掘、拡充を目的に、50歳以下限定交流会を6年前から開催しています。報告が遅くなりましたが、今年の若手会員交流会は、10月15日(土)に、新宿の銀座ライオン会館で16人の城南高校若手会員(50歳以下)が集まり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。今日は16人に参加していただきました。二次会も8人が残り、カラオケ館で盛り上がりました。 

 1次会の参加者16人の学年別の参加者は、61年卒:2人、62年卒:6人、平元年卒:2名、平4年卒:2名でした。それに、事務局が57年卒1名、59年卒2名でした。この勢いが維持されて、

11月19日の「第42回渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)」につながっています。



(銀座ライオン会館での1次会の集合写真)

IMG_20171014_192010.jpg
















(2次会の後の集合写真)


IMG_20171014_215901.jpg

続きを読む
posted by 渦の音 at 00:13| Comment(0) | 行事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

【「春高バレー」城南高校女子バレーボール部初戦は静岡県代表の富士見高校と1月4日(水)13時から】

5年連続9度目の徳島県代表として「春バレー(第69回全日本高等学校選手権大会)」に出場する城南高校女子バレーボール部ですが、1回戦、初戦は大会初日の1月4日(水)の13時から、静岡県代表の富士見高校(4年連続9度目の出場)と対戦します。2回戦は、1月5日(木)の11時40分から、鳥取県代表の米子北斗高校と山形県代表の米沢中央高校の勝者と戦います。そこに勝利すると、3回戦はおそらくシード校で強豪の東京都代表の八王子実践高校と戦うことになります。時間のある渦の音クラブの会員の皆さん、代々木の東京体育館で保護者の方やリザーブの生徒と一緒に、お揃いの城南高校ジャンバーで応援してはいかがでしょうか!!なお、大会初日の当日券売り場は大混雑で、2年前は開会式直後の試合だったこともあり、購入するだけで3時間以上かかり、販売所に着いた時には試合が終わっていました(涙)。城南高校の試合開始は13時スタートとはいえ、当日券の購入は極めて難しいと思います。また、12月29日の段階で、ローソンやチケットぴあなどのチケット事前販売は終了しています・・・・。チケットショップで事前購入することをお勧めします(定価は大人1,000円)

なお、城南高校女子バレーボール部を紹介する動画が公開されています。城南高校の体育館で練習する様子が紹介されています。

(女子バレーボール部の紹介動画)
https://www.youtube.com/watch?v=cBon6E1jftk&feature=youtu.be
posted by 渦の音 at 02:30| Comment(0) | 母校近況など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

【平成28年度・第41回「渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)が開催されました】

2016年11月20日(日)に、ホテルニューオータニに55人の参加者を集めて、平成28年度・第41回「渦の音クラブのつどい(総会、講演会、懇親会)」が盛大に開催されました。総会では、澤田会長(昭和49年卒)の開会挨拶、櫻井事務局長(昭和57年卒)による決算、事業計画、予算に関する事務局提案があり、原案通り承認されました。徳島からは、松山隆博校長先生、粟飯原治仁同窓会会長(昭和51年卒)にご出席頂きました。松山校長先生からは、文武両道で活躍する現役学生の様子、特に中学生からもっとも人気にある高校に城南高校が選ばれている現状などが報告されました。女子バレーボール部の「春高バレー」出場の報告なども行われました。また、徳島県東京本部の山星茂係長(平成元年卒)から、「ふるさと納税」ついてご説明を頂きました。
(櫻井事務局長による事業報告)
IMG_3275.JPG

15086951_1148812888520186_257591696_n.jpg
(澤田会長による開会挨拶)
15135725_1148813111853497_245908361_n.jpg
(松山校長先生のご挨拶)
IMG_3285-2.jpg


















(山星係長による「ふるさと納税」のご説明)
IMG_3287-2.jpg
引き続き行われた講演会は、尺八奏者で都山流尺八楽会大師範、日本音楽集団団員の原郷界山さん(城南高 昭和60年卒)による「日本の伝統楽器の魅力」でした。尺八という楽器の特徴を日本文化や日本人の精神構造を交えて分かり易く解説いただきました。また、お話だけではなく、実際に尺八の演奏もして頂き、理論と実演の両面から日本の伝統音楽の素晴らしさを堪能しましいた。箏奏者の奥様もご一緒に、尺八と箏という日本の伝統楽器がもつ魅力を堪能しました。
(原郷さんの略歴を紹介する同期・昭和60年卒の北野(生田)敬代さん)
15174612_1148813141853494_15328538_n.jpg
(原郷さんの講演と演奏の様子)
IMG_3298-2.jpg
IMG_3304-2.jpg
IMG_3305-2.jpg
会場を移して始まった懇親会は、参加者で最年長の井形節夫さん(旧徳中・昭和20年卒)の乾杯でスタート。その後、会場内で懇親を深めました。赤枝恒雄代議士(城南高 昭和37年卒)、福永哲夫前会長(城南高 昭和35年卒)からスピーチを頂戴しつつ、学年を超えた恐竜を深めることができました。
(井形先輩(旧徳中 昭和20年卒)による乾杯のご発声)
IMG_3309-2.jpg
15128523_1148813261853482_692588752_n.jpg
(懇親会の司会進行は当番学年の昭和61年卒の吉崎明男さん)
IMG_3308.JPG
(赤枝恒雄代議士(昭和37年卒)のスピーチ。産後ケアの推進など産婦人科医らしい医療政策を熱く語っていただきました)
IMG_3317-2.jpg
(前会長で鹿屋体育大学の前学長の福永哲夫顧問(昭和35年卒)のスピーチ。「貯筋」の重要性をスクワットを交えて解説いただきました)
IMG_3320-2.jpg
(校長先生を囲んでの会話)
IMG_3331-2.jpg

今年も集合写真を撮影しましいたが、画質はご容赦ください。
IMG_3329-2.jpg
最後は、副会長の中川(佐川)洋子さん(昭和54年卒)のピアノ伴奏にのせて、参加者一同で「旧制徳島中学校歌」、「城南高校校歌」を大きな声で斉唱しました。そして、今年の当番学年の昭和61年卒の報告、来年の当番学年の昭和62年卒の決意表明が行われ、来年も学年を超えた関東地区在住の城南高校同窓生が集まりましょう!という思いを確認し、閉会となりました。
(みんなで大きな声で校歌を歌います)
IMG_3339-2.jpg
(当番学年としてご活躍頂いた昭和61年卒のみなさん)
15151360_1148812791853529_1721403409_n.jpg
(来年の当番学年の昭和62年卒による決意表明)
IMG_3346-2.jpg
posted by 渦の音 at 01:03| Comment(0) | 行事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

【平成28年度・第41回「渦の音クラブのつどい」は11月20日(日)に開催】

 今年の「渦の音クラブのつどい」ですが、講演会は、尺八奏者で都山流尺八楽会大師範、日本音楽集団団員の原郷界山さん(城南高 昭和60年卒)による「日本の伝統楽器の魅力(仮題)」です。尺八でジャズやポップスなどの様々なジャンルの音楽に挑戦する原郷さんから、日本の伝統楽器の魅力をお話し頂きます。また、お話だけではなく、実際に尺八の演奏もして頂き、理論と実演の両面が楽しめる、素晴らしい講演会になると期待しています。さらに、琴奏者の奥様も参加頂けるとのことで、尺八と琴という日本の伝統楽器がもつ魅力を実際の演奏を聴きながら勉強することができます。

 既に案内状や振り込み用紙は郵送済みですが、当日の飛び入り参加も大歓迎です。

 よろしくお願いします。

【平成27年度「渦の音クラブの集い(第41回総会・講演会・懇親会)」】
日時:平成28年11月20日(日) 12時より
次第(予定):  
 12:00−12:20 総会
 12:20−13:20 原郷界山さん講演会
 13:30−15:30 懇親会
会場:
ホテル・ニュー・オータニ(紀尾井町)内  レストラン「ガンシップ」(ガーデンコート 4階)

会費:8千円(平成卒年の方は4千円)

(講演会の講師)
原郷界山氏(尺八奏者:城南高 昭和60年卒)
演題:「日本の伝統楽器の魅力(仮題)」

(原郷界山さんのHP) 
http://haragou.com/profile.htm

posted by 渦の音 at 01:51| Comment(0) | 行事予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

【渦の音クラブ第5回若手会員交流会は大盛会】

 渦の音クラブ(旧徳中・城南高校関東地区同窓会)では、若手会員の発掘、拡充を目的に、50歳以下限定交流会を5年前から開催しています。今年の若手会員交流会は、25人が参加していただきました。二次会も17人が残り、カラオケ館で盛り上がりました。 


 1次会の参加者25人の学年別の参加者は、60年卒:9人、61年卒:3人、62年卒:3人、平元年卒:1名、平4年卒:2名(2次会から1名参加)、平7年卒:3名、平8年卒:1名 でした。それに、事務局が57年卒1名、59年卒2名でした。

 この熱気を11月20日に総会につなげたいです。よろしくお願いします\(^o^)/

(1次会の全参加者25人の集合写真)

IMG_2948.JPG


(桜井事務局長による挨拶)

IMG_2938.JPG

posted by 渦の音 at 00:17| Comment(0) | 行事報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【文学散歩部顧問で国語教諭の山下博之先生(昭和44年4月〜54年3月)の訃報】

 城南高校で昭和44年4月から昭和54年3月まで10年間、国語の教鞭を執られていた山下博之先生が亡くなられたそうです。在職中は、文学散歩部の顧問をされていました。城南高校勤務などを経て阿南工業高校の校長先生を務め、平成元年からは文化の森へ移転オープンした県立図書館の初代館長も務めていました。

 ファイヤーストームを誕生させた桂先生が創設した文学散歩部を、山下先生が発展させたと言われています。全県一区から総合選抜制への移行期に城南高校を牽引した山下先生の訃報、残念です。山下先生のご冥福をお祈りします。



(徳島新聞の訃報記事)

http://www.topics.or.jp/localNews/obitutainment.html

posted by 渦の音 at 00:13| Comment(0) | 母校近況など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【「徳島づくり」を開発した中村壮作さん(城南高 平成13年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」に登場】

 キリンビールの「一番搾り」は、47都道府県によって味を変えた地域限定ビール「○○づくり」をこの5月から発売しています。その「徳島づくり」を開発したキリンビールの技術者である中村壮作さん(城南高 平成13年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」に登場しています。都道府県ごとの地域限定が様々な商品で取り上げられる中、「地ビール」とは異なる業界大手のキリンビールによる地域限定ビール。その開発に城南高校卒業生の中村さんが関わっていたとの記事、城南高校卒業生の郷土愛が感じられます。

 横浜勤務とのこと、是非とも11月20日の「渦の音クラブのつどい」に参加をお願いしたいです。
 ちなみに、アサヒビールやサッポロビール、さらにはサントリーなどビール各社の幹部に城南高校卒業生は多数いますので、「渦の音クラブのつどい」での銘柄指定は難しいかも(笑)

(徳島新聞「遠くでトーク」の中村さんの記事)

posted by 渦の音 at 00:11| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【明治学院大文学部フランス文学科教授の石川美子さん(城南高 昭和49年卒)が徳島新聞「遠くでトーク」で紹介】

 フランスの哲学者で批評家のロラン・バルト研究の第一人者の明治学院大文学部フランス文学科教授の石川美子さん(城南高 昭和49年卒)が徳島新聞「遠くでトーク」で紹介されました。ロラン・バルトの生誕100年記念で、『ロラン・バルト 言語を愛し恐れつづけた批評家』を出版したそうです。
 「渦の音クラブのつどい」にはなかなか参加頂いていませんが、石川先生のますますのご活躍を期待しています。

(徳島新聞「遠くでトーク」の石川さんに関する記事)
http://www.topics.or.jp/…/1…/2016/07/2016_1468892362488.html
posted by 渦の音 at 00:10| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【徳島県中学校文化連盟会長に森田茂さん(城南高 昭和50年卒)が就任】

 部活動は体育関係に加え、文化部の活動も素晴らしいものがあります。中学校の文化部は、とかく各部門別のコンクールが中心でしたが、やっと中学校全体の取りまとめの必要性などもでてきたため、徳島県では全国に先駆けて「徳島県中学校総合文化祭(中文祭)」が開催されています。その中学校文化連盟の会長に、城東中学校校長の森田茂さん(城南高 昭和50年卒)が就任されたことが徳島新聞で報じられています。
 体育関係とともに、文化・芸術活動の振興に城南高校卒業生が活躍していること、心強いかぎりです。


(徳島新聞「人」の記事)

posted by 渦の音 at 00:08| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【手束耕治さん(城南高 昭和48年卒)が公益財団法人社会貢献支援財団から「社会貢献者表彰」を授与】

 城南高校昭和48年卒の手束耕治さんが、カンボジアで30年以上にわたって教育支援に取り組んでいたことを評価され、が公益財団法人社会貢献支援財団から「社会貢献者表彰」を授与されたことを徳島新聞が報じています。

 手束さん、カンボジアで図書を出版し、カンボジア国内の小学校などを回って読み聞かせを行ってきたそうです。また、カンボジアでの印刷技術の指導、学校の建設、教員の養成、日本人学校の設立などにも尽力しているようです。
 手束さんの益々のご活躍と、カンボジアと日本の友好を期待します。

(徳島新聞の記事)

posted by 渦の音 at 00:07| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

【50歳以下の関東在住卒業生限定の「第5回若手会員交流会」は10月1日(土)18時より新宿ライオン会館にて】

 渦の音クラブ(旧徳中・城南高校関東地区同窓会)では、徳島の同窓会本部が整備した同窓会名簿をベースに関東在住者を把握して連絡をしてきました。しかし、近年は名簿への記載を断る方も多く、特に若手会員に「渦の音クラブ」を周知することが出来ていませんでした。そこで、5年前から50歳以下の卒業30年以内(20歳代、30歳代、40歳代)の「若手会員」に限定した交流会を【会費無料】で開催してきました。この若手会員交流会が契機となって、11月の「渦の音クラブのつどい」に参加する若手会員も少しですが増えています。

 今年の「第5回若手会員交流会」は、以下の通り開催します。週末に、案内状を発送しますが、フライングでかまいませんので、関係者には情報を拡散方よろしくお願いします。

【第5回 渦の音クラブ若手会員交流会】
日時:2016年10月1日(土) 18時〜20時
会場:ビヤレストランライオン 新宿ライオン会館(6階or7階)

(新宿ライオン会館のHP)

http://r.gnavi.co.jp/g160501/

対象者:50歳以下(20歳代、30歳代、40歳代)の関東在住の城南高校卒業生
 昭和60年3月卒業以降に案内状を郵送していますが、同窓会名簿記載者は極めて少ないため、お知り合いの対象者に拡散をよろしくお願いします。
会費:無料
申し込み:9月26日(月)までに、事務局までメール等で連絡


posted by 渦の音 at 11:20| Comment(0) | 行事予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

【平成28年・第41回渦の音クラブのつどい(総会・講演会・懇親会)は11月20日(日)の12時よりホテルニューオータニで開催。講演会は尺八奏者の原郷界山さん(城南高 昭和60年卒)】

 旧制徳島中学・徳島県立城南高校の関東地区同窓会(渦の音クラブ)の主要活動は、年に1度の「渦の音クラブのつどい」の開催です。年に1度、年齢を超えて、関東地区の城南高校卒業生が集まり、交流を深める会を開催しています。当初は懇親会のみの開催でしたが、ここ15年ほどは同窓関係者の講演会を開催し、城南高校らしく知的刺激も得ています。

 今年の講演会は、尺八奏者で都山流尺八楽会大師範、日本音楽集団団員の原郷界山さん(城南高 昭和60年卒)による「日本の伝統楽器の魅力(仮題)」 です。尺八でジャズやポップスなどの様々なジャンルの音楽に挑戦する原郷さんから、日本の伝統楽器の魅力をお話し頂きます。また、お話だけではなく、実際に尺八の演奏もして頂き、理論と実演の両面が楽しめる、素晴らしい講演会になると期待しています。さらに、琴奏者の奥様も参加頂けるとのことで、尺八と琴という日本の伝統楽器がもつ魅力を実際の演奏を聴きながら勉強することができます。是非、11月20日(日)は、スケジュールを空けておいてください。また、故・三木稔先生(旧徳中 昭和22年卒)が設立した日本音楽集団で今も活躍する原郷さん、旧徳中・城南高校の繋がりを感じました。

 ※詳細は、順次フェイスブックや渦の音クラブのHPでご案内する予定です。また、「渦の音クラブたより2016」として案内状を関東在住の卒業生に8月末頃に郵送致しますので、よろしくお願いします。

【平成27年度「渦の音クラブの集い(第41回総会・講演会・懇親会)」】
日時:平成28年11月20日(日) 12時より
次第(予定):  
 12:00−12:20 総会
 12:20−13:20 原郷界山さん講演会
 13:30−15:30 懇親会
会場:
ホテル・ニュー・オータニ(紀尾井町)内  レストラン「ガンシップ」(ガーデンコート 4階)

(講演会の講師)
原郷界山氏(尺八奏者:城南高 昭和60年卒)
演題:「日本の伝統楽器の魅力(仮題)」

(原郷界山さんのHP) 
http://haragou.com/profile.htm

posted by 渦の音 at 13:17| Comment(0) | 行事予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【文部科学省「大学スポーツの振興に関する検討会議」に渦の音クラブ元会長の福永哲夫先生(城南高 昭和35年卒)が参加】

 2008年、2009年と渦の音クラブの会長を務められた福永哲夫先生(城南高 昭和35年卒)は、現在も国立大学法人鹿屋体育大学の学長としてリーダーシップを発揮されています。

 今般、文部科学省に設置された「大学スポーツの振興に関する検討会議」に参画し、東京大学、早稲田大学、そして鹿屋体育大学と、日本のスポーツ研究者として関わってきたご経験を活かして、大臣や長官に福永先生のご知見を踏まえたスポーツ政策への提言をなさっていることと思います。
 日本の大学スポーツ(特に一般学部生による体育会部活動)は、オリンピックのメダリストなどの世界的な競技者を育成する場なのか、米国のようにプロ化して「観るスポーツ」となるのか、大学としての一体感を醸成し広告機能を発揮すれば良いのか、将来の指導者を育成することが重要なのか、など、曲がり角にきていると言われています(「箱根駅伝の功罪」など・・・)。日本の大学スポーツの方向性について、福永元会長の知見が発揮されることを期待しています。


(文部科学省HPでの福永元会長(昭和35年卒)のご発言の写真など)
http://www.mext.go.jp/b_m…/activity/detail/2016/20160428.htm

posted by 渦の音 at 13:16| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【徳島県高校体育連盟会長に鳴門渦潮高校の中田寛志校長(城南高 昭和52年卒)が就任】

 城南高校ラグビー部卒業生で、現在は県立鳴門渦潮高等学校の校長先生を務める中田寛志さん(城南高 昭和52年卒)が、徳島県の高校体育連盟の会長に就任したことが報道されています。中田先生が、徳島県のスポーツ振興にリーダーシップを発揮して頂くことを期待します。同時に、母校・城南高校の文武両道に、徳島県高体連会長として、ご支援・ご協力をよろしくお願いします。(城南ラグビー復活にもご支援頂きたいです)


(徳島新聞の中田寛志さん(昭和52年卒)の紹介)

http://www.topics.or.jp/…/…/2016/04/2016_14607010446956.html

posted by 渦の音 at 13:14| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【近畿大学医学部で小児外科の八木誠さん(城南高 昭和46年卒)が徳島新聞で紹介】

 近畿大学医学部で小児外科の八木誠さん(城南高 昭和46年卒)が、徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されています。大阪大医学部、大阪府立母子保健総合医療センター、近畿大学医学部と一貫して小児外科を担当し、特に、腹腔鏡手術にも取り組んでいることが紹介されています。


(徳島新聞の八木誠さん(昭和46年卒)の記事)

http://www.topics.or.jp/…/1…/2016/03/2016_1459217021945.html

posted by 渦の音 at 13:12| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【徳島新聞の「ニチヤン」は高校新聞部担当のコーナーもあります】

 徳島新聞の日曜日には、若者向け紙面「ニチヤン」が昔から構成されています。徳島新聞のホームページでは「ニチヤン」の情報はほとんどありませんが、Facebookには情報がそこそこ提供されています。

その中に、徳島県内の高校の新聞部が、持ち回りで担当するコーナーがあります。城南高校の新聞部も担当しており、少し前ですが、昔から開催されていた、城南高校の第66回「祖父母の会」を生徒が取材して、紹介しています。城南高校の「祖父母の会」、懐かしい伝統行事、皆さんの努力に敬服です。いろいろな意見や立場もあるかもしれませんが、いつまでも続くと良いなと思いました。


(徳島新聞のフェイスブックでの城南高校新聞部に関する「ニチヤン」の記事)


https://www.facebook.com/nichiyoung28/photos/a.1456117148033239.1073741828.1453908648254089/1506784276299859/?type=3&theater

posted by 渦の音 at 13:11| Comment(0) | 母校近況など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【城南高校の米国研修旅行の様子】

 城南高校は、ここ数年、応用数理科を中心にSSH活動の一環として、米国西海岸への研修旅行を実施しています。今年は1月4日から1月10日まで実施されたようで、米国西海岸の日系人向け新聞に徳島県立城南高校の研修旅行の様子が紹介されたそうです。私たちの頃と違い、徳島の地方都市のハンディをものともせず、城南高校の生徒の皆さんが米国での研修旅行を実施していることは、素晴らしいと思いました。後輩の皆さんが、国際的な人材として益々活躍することを期待しています。

 ちなみに、米国では、California Academy of Sciences (自然史科学博物館)、カリフォルニア大学バークレー校での特別講義、スタンフォード大学での特別講義、シリコンバレーのベンチャー企業で活躍する日本人を招いた特別講義、NASAの 施設見学、San Andreas 断層の巡検、インテルなどのシリコンバレーIT企業の見学などを行ったようです。

(城南高校のHPでの米国研修の報告)

posted by 渦の音 at 13:09| Comment(0) | 母校近況など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【一昨年(平成26年)の「渦の音クラブの集い」講師の山口敏太郎さん(城南高 昭和60年卒)がTBSテレビ「マツコの知らない世界」に登場(2/2 21時−)】

 一昨年(平成26年)の「渦の音クラブの集い」で講演をしていただいた作家の山口敏太郎さん(城南高 昭和60年卒)が、2月2日のTBSテレビ「マツコの知らない世界」に登場する予定です。山口さんの専門分野の「UMAビジネスの世界」を解説するそうです。

 テレビの予告では、ネッシー、ツチノコなどの未確認生物系の映像(UMA動画)の真偽や、経済効果などを解説するそうです。


posted by 渦の音 at 13:07| Comment(0) | 同窓生記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする