2019年06月23日

【写真家の宮武健仁さん(城南高 昭和60年卒)の個展「光る植物、光る生き物が魅せる神秘の世界:輝く光景」が6月14日(金)から六本木ミッドタウンで開催】

 ナショナル・ジオグラフィック2013年大賞を受賞し、ニューヨークの個展も成功させている徳島在住のプロ写真家、宮武健仁さん(城南高校 昭和60年卒)が、6月14日(金)から20日(木)まで、六本木ミッドタウンの「富士フイルムフォトサロン 東京」で久しぶりの東京での個展を開催します。今年の個展は『宮武健仁写真展「輝く光景」-光る植物、光る生き物が魅せる神秘の世界』をテーマに、光る生き物を切り取った作品が展示されるようです。毎日14時には、宮武さんのトークショーが開催されるようです。
 今回は会期途中に土曜日、日曜日もありますので、城南高校卒業生で関東在住の皆様、六本木ミッドタウンで宮武さんの素晴らしい作品にふれてはいかがでしょうか。

【関連する記事】
posted by 渦の音 at 17:06| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【水墨画家の小野木裕子さん(城南高 昭和54年卒)の個展が7月11日から表参道の「ギャラリーコンセプト21」で開催】

 水墨画家でありながら、多彩な色遣いに特徴がある城南高校昭和54年卒業の小野木裕子さんの個展が、7月11日(木)から17日(水)まで、表参道の「ギャラリーコンセプト21」で開催されます。
 「水墨画」といえば「墨絵」のことだと思われる方も少なくないなか、今回の個展では多彩な「色を使った水墨画」も展示されるとのことです。さらに、古典的なものから現代的で抽象的なもの、さらに「一筆描き」など、多彩な作品を発表する「水墨渾然」とのことです。城南高等学校卒業生の皆さん、小野木さんの素晴らしい水墨画の世界を是非、ご鑑賞ください!!

posted by 渦の音 at 17:05| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【立正大学心理学部の西田公昭教授(城南高 昭和54年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 カルト洗脳や、消費者詐欺被害に合う心理状況などの研究で第一人者の、立正大学心理学部教授の西田公昭さん(城南高校 昭和54年卒)が、徳島新聞の「遠くでトーク」に紹介されています。
 徳島への消費者庁移転プロジェクトなどにも有識者として関与するなど、心理学を臨床と理論を結びつける西田先輩の益々のご活躍を期待しています。


posted by 渦の音 at 17:05| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【徳島赤十字病院の院長に就任した後藤哲也さん(城南高 昭和49年)が徳島新聞「人」で紹介】

 小松島の徳島赤十字病院は、全国でも有数の赤十字病院です。その院長先生に、城南高校を昭和49年卒の後藤哲也先生が就任したことが、徳島新聞の「人」で紹介されています。
 城南高校卒業生の後藤院長先生のもとで、日赤病院での医療の充実を期待しています。

posted by 渦の音 at 17:04| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【産総研(産業技術総合研究所)副理事長の三木幸信さん(城南高 昭和47年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 日本で最大級の常勤研究員を有する国立研究法人の産総研(産業技術総合研究所)のナンバー2として世界的な研究者を束ねる三木幸信さん(城南高 昭和47年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されました。
 産総研は、通商産業省工業技術院に15の国立研究所が組織されていましたが、今は国立研究開発法人として、世界的な研究開発拠点として活動しています。三木さんは、計量研究所で超電導などを研究していた研究者ですが、マネジメント面でも活躍しています。産総研という世界的な研究所を三木さんのリーダーシップをもって発展させ、日本の科学技術イノベーションの進展に期待しています。

posted by 渦の音 at 17:03| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【城南高校を平成17年に卒業した「中山女子短期大学さん(本名:中山裕介さん)」が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】


 城南高校を平成17年に卒業した中山裕介さんは、よしもと所属の芸人さん「中山女子短期大学」として活躍しています。R-1ぐらんぷりでは、2014年は決勝、2016年は準決勝に進出しています。芸歴はすでに13年になり、地元徳島でも単独ライブをしたり、「徳島県住みます芸人」に就任したり、徳島インディゴソックスの応援選手兼スタジアムDJも担当するなど、活躍しています。
 その中山女子短期大学さん、徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介されています。「よしもと漫才劇場」での活躍の様子などを紹介しています。
 ちなみに、中山女子短期大学さん、城南高校時代は野球部で活躍していたとのことです。城南高校が甲子園に出場したら、きっと盛り上げてくれると思います。中山女子短期大学さんの益々の活躍を期待しています。

https://www.topics.or.jp/articles/-/158532

posted by 渦の音 at 17:03| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【城南高校で国語の先生だった小川浩先生(昭和61年度~平成4年度)が監督の富岡西高校硬式野球部を甲子園に】

 昭和61年度から平成4年度までの7年間、城南高校で国語の先生として教壇に立っていた小川浩先生は、城南高校でも野球部監督として指導していました。その小川先生が監督の富岡西高校は、秋の大会での徳島県3位、四国大会ベスト4の実績が評価され、文武両道、創立120年の伝統校ということなども加味され、「21世紀枠」として春の選抜甲子園大会に出場します。城南高校は甲子園は残念ながら出場できませんでしたが、7年間も城南高校でお世話になった小川先生が率いる富岡西高等学校の健闘を祈念しています。

https://www.topics.or.jp/articles/-/154387

posted by 渦の音 at 17:02| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【城南高校2年生の桐本さくらさんが「第16回とくしま文学賞(児童文学部門)」で最優秀賞】

 徳島県、徳島県立文学書道館主催の「第16回とくしま文学賞」の児童文学部門で、城南高等学校の2年生の桐本さくらさんが、見事に最優秀賞に選ばれました。ペンクラブ会員なども応募する文学賞で、母校、城南高等学校の現役高校生が、見事に最優秀賞です。
 今年のお正月は、「春高バレー」は残念ながら県予選で準優勝のため東京体育館での応援は適いませんでした。しかし、城南高校は「文武両道」を運動部、文化部両面で活躍しています。桐本さんの最優秀賞、本当におめでとうございます。
 母校、城南高校の益々の活躍を期待しています。

posted by 渦の音 at 17:01| Comment(0) | 母校近況など | 更新情報をチェックする

【川崎重工副社長の富田健司さん(城南高、昭和49年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 2019年1月元日の徳島新聞「遠くでトーク」に、城南高等学校昭和49年卒で、川崎重工副社長の富田健司さんが紹介されました。日本を代表する重機械製造メーカーの川崎重工で、財務経理を中心に活躍している富田さんです。世界に向けて、日本の重機メーカーを牽引する城南高校卒業生の富田さんの益々の活躍を祈念した2019年の元日でした。

posted by 渦の音 at 17:01| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【広島高等裁判所長官の大門匡さん(城南高 昭和49年卒)が徳島新聞の「遠くでトーク」で紹介】

 中国地方の高等裁判所の広島高等裁判所長官を務める大門匡さん(城南高校 昭和49年卒)が、徳島新聞の「遠くでトーク」に紹介されています。
 中国地方の高等裁判所の責任者として、司法の理解を高める重責を大門さんが果たし、益々活躍することを期待しています。


posted by 渦の音 at 17:00| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【経済同友会の副代表幹事兼専務理事に橋本圭一郎先輩(城南高 昭和45年卒)が内定】

 経済同友会の専務理事兼副代表幹事に、城南高校昭和45年卒業の橋本圭一郎先輩が内定したことが記事になっています。三菱銀行から三菱自動車副社長、首都高速道路会長兼社長と要職を経験した橋本先輩が、日本経済の舵取りでも益々のご活躍を期待したいです。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3926718021122018EA4000…

posted by 渦の音 at 16:59| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【アサヒバイオサイクル社長の御影佳孝さん(城南高 昭和59年卒)の東京徳島産業経済クラブでの講演会が徳島新聞で紹介】

 東京徳島県人会には、徳島出身の経営者で構成された東京徳島産業経済クラブがあります。先週12月13日(木)の会合で、アサヒバイオサイクル社長の御影佳孝さん(城南高 昭和59年卒)が「ビール酵母を活用した農業資材について」をテーマに、講演したことが、徳島新聞で紹介されました。
 御影さん、アサヒビール時代は、企画、M&A、新規事業開発などを担当し、自らビール酵母を活用した農業肥料を製造・販売する関連会社を立ち上げ、社長として活躍しています。徳島を含めた全国、世界の農地やゴルフ場に、高性能の肥料を提供するビジネス、活躍を祈念しています。

posted by 渦の音 at 16:58| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【大鵬薬品からベンチャー企業を起業した江島清さん(城南高、昭和43年卒)の紹介記事】

 大鵬薬品の役員で活躍していた城南高校昭和43年卒業の江島清さんは、ベンチャー企業「デルタフライファーマ」を起業し、東証マザーズに上場したことが、徳島新聞で紹介されています。
 江島社長のように、ベンチャー企業として活躍される城南高等学校の先輩に、期待です。

posted by 渦の音 at 16:58| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

【新宿西口広場「地域のちからコレクション2018」に徳島県の「阿波ふうど」が10月29(月)から31日(水)まで出店】

 日本最大の乗降客数を誇る新宿駅の西口広場で、地域資源を地域活性化に活かすイベント「地域のちからコレクション2018」が今日、10月29日(月)から10月31日(水)まで開催されます。徳島県からは、「阿波ふうど」が出店し、すだち、金長まんじゅう、阿波ういろう、鳴門わかめなでの販売が行われます。29日と30日は夜の20時まで(最終日の31日(水)は17時まで)ですので、帰宅途中で徳島の物産にふれてみてはいかがでしょうか。

https://www.jeki.co.jp/i…/files/upload/20181025/182025hp.pdf


posted by 渦の音 at 23:24| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【徳島県のアンテナショップ「ターンテーブル」が奥渋谷のオシャレデートスポットとしてファッション誌「VOGUE」のオンラインで紹介】

 各地方自治体では、東京にアンテナショップを開設し、地域の特産品を情報発信しています。徳島県は、独自の単独アンテナショップではなく、ローソンと連携したローソン店内に「なっとくしま」を設置しています。そして、「あえて徳島を明示しない」レストランとホステルを渋谷駅から15分くらい離れた「奥渋谷」の神泉に「ターンテーブル」として、東急と連携して開設しています。
 渋谷駅から離れているとか、個室ではなくホステルであるとか、レストランの客単価が高いとか、地元では様々な意見があるようですが、オシャレなデートスポットとして、ファッション誌「VOGUE」のオンライン紹介されています。


posted by 渦の音 at 23:23| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

【元・官房長官の仙谷由人さん(城南高校、昭和39年卒)の訃報】

 民主党政権下で、行政刷新担当・国家戦略担当大臣、そして官房長官を務めた仙谷由人さん(城南高校、昭和39年卒)が、お亡くなりになりました。代議士時代はもとより、「事業仕分け」の責任者として活躍した2009年の行政刷新・国家戦略担当大臣在任時、さらに2010年の官房長官在任時も「渦の音クラブの集い」に参加して、交流を深めていただきました。ホテルニューオータニのレストラン・ガンシップに警備のSPの方が配備されるなか、時間の許す限り城南高校の同窓生として交流してくださったことを思い出します。民主党政権に対する様々な意見はありますが、城南高等学校の卒業生として異彩を放っていたのは確かです。
 仙谷先輩の御冥福をお祈りします。

posted by 渦の音 at 23:22| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【「渋谷で徳島でSHOW 」は、11月1日より渋谷エクセルホテル東急などで「徳島料理フェア」】

 徳島県が主催する「渋谷で徳島でSHOW 」が11月1日より渋谷エクセルホテル東急などで「徳島料理フェア」が開催されます。徳島の食材を渋谷で楽しめるフェアのようです。
 ハロウィンが終わり落ち着いた渋谷で、徳島料理もよいですね。


posted by 渦の音 at 23:21| Comment(0) | 行事予定 | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

【平成30年度・第43回「渦の音クラブの集い」は大盛況でした】

 今日は、平成30年度・第43回「渦の音クラブの集い(総会・講演会・懇親会)」がホテルニューオータニのレストラン・ガンシップで開催されました。幹事学年の昭和63年卒の皆さんの努力もあり、75人もの参加者が集まる大盛会でした。
 講演会は、徳島から立木写真館の立木さとみさんにお越しいただき、『「なっちゃんの写真館」が見つけた、世紀を超えた日露友好 ~111年の時を超えて』と題する講演会でした。111年の時を超えた日露友好の物語を「写真のチカラ」としてお話しいただきました。テレビドラマ、テレビドキュメント、映画化のオファーが様々あるというのもわかる素晴らしくドキドキのお話しでした。

(立木さとみさんの『「なっちゃんの写真館」が見つけた、世紀を超えた日露友好 ~111年の時を超えて』のご講演


 懇親会は、幹事学年の皆さんが様々な工夫をこらしたスライドやムービーを企画するなど、あっと言う間の2時間でした。最後は参加者みんなで阿波踊りをして、徳島を満喫しました。

(懇親会の冒頭挨拶は旧制徳島中学ご出身の有井先輩)

(乾杯は徳島から駆けつけてくれた幹事学年の皆さん)

(校歌斉唱は旧制徳島中学、城南高校を続けて歌います)


(前・渦の音クラブ会長で、元・鹿屋体育大学学長の福永先生は、今年も「貯筋」の大切さを実演頂きました。

(参加者で阿波踊りを最後に踊ります)

(幹事学年の昭和63年卒からの閉会挨拶。幹事学年は昭和最後の卒業生による平成最後の総会でした)

(75人の集合写真)

(昭和40年代までの卒業生)

(昭和63年卒以降の卒業生)

幹事学年の打ち上げ(2次会)にも同席させていただき、同級生ともさらに楽しく交流させていただきました。

 来年もぜひともさらに城南高校の皆さんにお集まり頂き、楽しく交流を深めたいと思いますので、よろしくお願いします。

posted by 渦の音 at 12:06| Comment(0) | 行事報告 | 更新情報をチェックする

【教育情報化コーディネイターの大江(高橋)香織さん(城南高 平成4年卒)が徳島新聞「遠くでトーク」に紹介】

 城南高校平成4年卒の大江(高橋)香織さんは、日本で5人しかいない学校への情報通信技術(ICT)の普及を後押しする「教育情報化コーディネーター1級」として活躍しています。
 文楽人形師の故大江巳之助さんのお孫さんとご結婚されているなど、徳島とのゆかりが深い方です。益々のご活躍を期待です。
 
http://www.topics.or.jp/articles/-/107221

posted by 渦の音 at 11:43| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする

【ロックミュージシャン佐藤タイジさん(城南高 昭和60年卒)が阿波おどりとコラボ】

 城南高校昭和60年卒で、ロックミュージシャンの佐藤タイジさん、オールソーラー電源の武道館コンサートを仕掛けたりと、パッションを伝えるロックを実行しています。今回、阿波おどりとコラボレーションした作品を発表したことのインタビューが記事になっています。「踊る阿呆に見る阿呆」をキーワードに、権力と対峙するロックの立ち位置を語っています。

https://ototoy.jp/feature/20180914

posted by 渦の音 at 11:42| Comment(0) | 同窓生記事 | 更新情報をチェックする